クリアカード編の考察 Part01

  • このトピックには1,503件の返信、26人の参加者があり、最後ににより2021.2.25 20:59に更新されました。
15件の投稿を表示中 - 511 - 525件目 (全1,504件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1712

    珈琲さん
    ともりんさん

    誤解はしないで欲しいんですが、
    私が言いたかったのは、秋穂ちゃんが人間か元から魔法具かではなく、
    これまで魔法具としての秋穂ちゃんを魔力を蓄える「器」と仮定して解釈すること自体が実は微妙に違うのかなと思い、

    ・モモのいう”あの本の時間”は、モモが守護し秋穂ちゃんが「時計の国のアリス」と呼ぶ「時の本」ではない→もう1つ本がある?
    ・「時の本」は今のところ動いてない→動いている本がある?
    ・海渡さんの回想で、海渡さんや協会は、魔力のない秋穂ちゃんを「真っ白な本」と表現
    →もう1つの本というのは、魔法具としての秋穂ちゃん?

    と考えて、そういえば、犠牲になった魔術師達が失ったの「魔力」じゃなくて「魔法式」って言ってたな…と思って、もしかして本が好きな秋穂ちゃん自身を「本」にしようだなんて考えてないよね?f^_^;

    という感じで考えたというだけで、合っているかは分かりません。(魔術式百科辞典って、私が例えるならばと勝手に思い付きで付けただけなので、実際は何らかの魔法書にしようとしているかもしれないですし)
    だけど、もし秋穂ちゃんの魔法具としての力が「本」に近かった場合、「器」という表現は適切かと言ったら、微妙ですし(見ようによっては、ツバサのサクラ姫が持っていた様々な次元を身体に刻み込む性質に似ている感じはします)。

    ただ、私は、珈琲さんとともりんさんが言う秋穂ちゃんの性格や心がプログラムされているという表現が、何となくアンドロイドっていうか、無機質なもののように感じて、引っかかっただけですf^_^; (写身小狼・サクラのような場合もあるかもしれないけど)

    秋穂ちゃんの今の性格については、
    海渡さん(とモモ)がいて、大切に世話をしてもらい、蔑ろにする一族や協会から表向きは離れて、各国を転々としながら(実際は、魔法具として完成させるための魔法式蒐集の旅)、生活していたから、
    自己肯定感の低さはあるけども、明るく純粋でいられたという可能性はないでしょうか?

    +5
    #1711

    ともりんさん

    >ターゲットに近づきやすい人格をプログラムされているのかな、と考えています。
    ↑俺も、二人が似ているのは、そういうことではないかと思ってます。力を奪う手段としては合理的ですし

    なんだかんだ今までも
    ・小狼と再会した直後に、さくらカードが透明になったのはタイミングが良すぎる
    →小狼がぬいぐるみに何か仕込んだのでは?
    →流石に小狼がそんなことするはずないだろう
    →してました(´・ω・)
    ・秋穂ちゃんが「器」(「中」)と呼ばれている
    →秋穂ちゃんは、海渡さんが持ち出した禁忌の魔法具なのでは?
    →いや、流石に秋穂ちゃんは「人間」だろう
    →魔法具でした(´・ω・)
    と、ここまでくると、疑心暗鬼にもなります。

    +5
    #1710

    それと、モモの本の時、というのを考えたのですが、アリスが奪った魔術はアリスの本に書き加えられ、そろうと何かしらの魔術が完成するのでしょうね。

    0
    #1709

    珈琲さん
    にもさん

    私はロープの人物(恐らくアリスとされる少女)が核で、魔力を奪って力を得るために、その核にターゲットに近づきやすい人格をプログラムされているねかな、と考えています。
    あと、今月の秋穂ちゃんの覚えるの意味の根本は、魔力を奪って、術を身につけるを意味しているのか、と思いました。

    0
    #1708

    にもさん

    「器」が「中」に変更になった点と、新しいことを覚えようとする秋穂ちゃんに対して、海渡さんが意味深な表情をした点、この2つで、俺が考察している(ともりんさんもかな)
    詩之本秋穂は魔法具で、協会に人格と名前を書き込まれているから、木之本桜と似ている
    という考察を否定できないので、現時点では、俺は今の考えを変えないです(むしろ、この2点でさらに疑惑は強まってます)

    にもさんの、
    秋穂ちゃんは魔術式百科事典(禁書目録かな?)にされられている
    という考察が、それで何故、秋穂ちゃんはさくらちゃんに似ているのかという、根本的疑問の解決に繋がってないですし、にもさんが以前説明した、秋穂ちゃんの母親が撫子さんと繋がりがあるのでは?という考察も、肝心の作中で一切描写が無いので、肯定も否定も出来ないです。
    (二人に繋がりがあって欲しいとは心情的には思ってますが)

    0
    #1707

    んで、海渡さんが秋穂ちゃんが「もっと沢山の本を読んで、色々覚える」と言った時に、表情を曇らせた理由ですが、
    魔術式百科辞典という魔法具が完成してしまったら、秋穂ちゃんの心(魂)は死んでしまうのでないかなと。
    一族・協会としては、必要なのは魔術式百科辞典として様々な魔術式を中に書き込まれた秋穂ちゃんの身体ですし、その力を利用するのに、妨げになる可能性のある秋穂ちゃんの心(意思)はいらないという感じなのかも。
    海渡さんが表情を曇らせたのは、秋穂ちゃんが自分の意思に関係なく、様々な人の魔術式を奪って覚えさせられ(覚えたくないものだって、本来ならあったはず)、そしてこのままだったら、挙句の果てに、あなたの意思はいらないと心を捨てられ、魔法具として利用され続け、本人が望むことが何一つ出来なくなってしまうから…、かな…。

    +6
    #1706

    んで、その魔術式百科辞典にするための編纂作業の1つというのが、他人の魔術式を奪うことだったかなと。
    魔力のない秋穂ちゃんが魔術師から魔術式全部を集めるのは、困難ですし(尚且つ、悪い噂のある協会が関わっていると知ったら、対象になっている魔術師は当然警戒する)、さくらちゃんみたいに契約(魔術式)があったから、魔術師として活動出来るという人もいるし。

    おそらく秋穂ちゃんの「中」には、
    秋穂ちゃんを魔術式百科辞典にするために、
    編纂作業をする2人の人格がいて、その2人が
    蒐集する資料を選定(世界中にいる魔術師から、対象者・対象の魔術式を選ぶ)
    →資料を蒐集(対象者の魔術式を奪う ※魔力は奪わない)
    →編集・校正(奪った魔術式を解読、記事に編集)
    をしているんだと思います。
    そう仮定したら、これまで秋穂ちゃんが奪ったであろう被害にあった魔術師に関して聞こえて来ない理由も、魔力が奪われた訳ではなく、一族・協会が狙った特定の魔術(魔術式)が使えなくなるだけだし、その奪った特定の魔術に関する記憶さえ消去・改竄してしまえば、奪われた後も対象者によっては魔術師として普通に生活していけるからかと。

    とすると、
    秋穂ちゃんが言った「一族が求めている本」は、さくらカード達が収められている本だし、
    秋穂ちゃんがさくらちゃんから奪おうとした「力」は、さくらちゃんが持つ強い「魔力(星の力)」ではなく、さくらちゃんをカードキャプター・カードの主にした「契約」ということになるかと(カードだけ奪っても、小狼くんのような信頼関係もないから、言うこと聞かないだろうし)。ただ、さくらちゃんの場合は、「契約」がなければ魔術師にならなかった人だから、影響がかなり大きいし、魔力暴走を起こしている最中に、カードキャプターとしての力がなくなったら、対処方法がなくなり、かなり悲惨なことになります。

    海渡さんが「逆戻」を近いけど、求めている効果じゃないと言ったのは、
    ただ時間を巻き戻しても、
    秋穂ちゃんの中の魔術式百科辞典の編纂作業が遅れるだけで、それまでに集めた(奪った)魔術式が消えてなくなる訳ではないから、秋穂ちゃんを助けるためには、秋穂ちゃんの中で秋穂ちゃんを魔術式百科辞典にするための編纂作業をしている魔法(魔術式)そのものを消す必要があるからかと。

    +4
    #1705

    ともりんさん
    珈琲さん

    あの…、「器」から「中」に変化した理由、私なりに考察したんですが、「器」のまま、話を進めたら、CLAMPさんが意図しない方向に解釈され、真相を明かした後に、誤解を招くと思ったからでは?
    秋穂ちゃんの「魔法具」としての力なんですが、
    秋穂ちゃん自身の意思に関わらず
    “協会や一族が望む魔術式百科辞典”
    になることかと。(ある意味、生きる辞書という感じ)

    以前、モモは海渡さんに
    「あなたのDの魔力を持ってしても、”あの本”の時間は止められない」と言ったけど、
    当初私達は、モモが守護し秋穂ちゃんが「時計の国のアリス」という「時の本」かと思っていたけど、
    「時の本」は1世紀前に発動して以来、使われてないことが判明し、”あの本”は「時の本」ではなくなりました。

    また、海渡さんは秋穂ちゃんを「真っ白な本」と表現しましたが、それは知識はあっても書き込む(習得して自分のものとして使う)力がないということかと。(当然新たな魔法の創造も出来ない)期待されていた時期は、簡単な魔術書とか教えてもらう機会あったと思うし。
    それで、協会は「真っ白な本で、本人に書き込む力がないなら、我々が書き込んでしまえばいい」と思ったのかと。
    犠牲になった協会や一族は、「永遠に”魔術式”を失った」って言われているけど、「魔力は失った」とは確か言われてないし。つまり、協会や一族が欲しいのは、強い魔力ではなく、世界の魔術師達が持っているであろう独自の魔術式(一族と協会が持ってない)かと。
    秋穂ちゃんがやられた魔法具としての儀式は、
    “魔術式百科辞典にするために、秋穂ちゃんの中で、
    辞典の編纂作業が出来るようにする”
    ものだったかと。

    +6
    #1704

    ともりんさん

    秋穂ちゃんの過去の出来事と、今の秋穂ちゃんに違和感はあるんですが、例の寂しいと嘆いた女の子が、夢の中に現れるローブの人物というのならまだしっくりくるんですよね。
    あのローブの人物に意思があるなら、今までの描写的に、間違いなくあのローブの人物は、さくらちゃんが嫌いでしょう。
    でも、あんな過去なら、自分が持っていないもの全てを持って、恵まれているさくらちゃんに嫉妬し、何も言わずに攻撃したり、ストーカーしたりと、さくらちゃんを嫌う理由になるんですよね。(やつ当たりですが)

    いかんせん、ローブの子が、さくらちゃんと小狼の初デートの前夜に、家の外からストーキングしていたのが気になってます。
    もしローブの子が初デートを楽しみにしているさくらちゃんにムカついたのなら、ずっとこの時が続いて欲しいと願ったのに、逆にデートを中断せざるを得ない「螺旋」が発動したのも、ローブの子がさくらちゃんに干渉して嫌がらせしたのではと…まあ、これは個人的願望も含まれていますが
    (ついでにローブの人物が小狼だったのも、ローブの子の嫌がらせなのかなあと)

    +6
    #1703

    珈琲さん

    秋穂ちゃんの行動がコンピュータのプログラムみたいなものだとしてですが、そうなるとクリアカードのクリアの意味は0になる、無になるという意味になるわけで、クリアカードはその材料ということになって、秋穂ちゃんが消滅することを暗示してるんですよね。
    書き込む材料は恐らく、本でしょうね。

    てか、作者は掛詞を巧みに使うから、解釈が難しい。

    +4
    #1702

    ともりんさん

    俺も似たようなこと考えてます。
    秋穂ちゃんは、書き込まれたこと以外、何もできないのではと…

    秋穂ちゃんについては矛盾が多いし、両親を亡くし、一族からは蔑ろに扱われ、本だけが友達という不幸な過去から(夢で「さびしい」と嘆いていたし)どうして現在の彼女のような性格になることが出来たのか、その経緯が描写されない限り、彼女への疑念はぬぐい切れないですね。

    +5
    #1701

    珈琲さん

    今、直感で浮かんだのですが、何もできないというのは、自分の意志では何もすることはできないとか?
    秋穂ちゃんの行動は、コンピュータでプログラムされたようなもので。

    +3
    #1700

    ↑そういえば秋穂ちゃんは、木之本家の書庫で、
    「いつまで経っても、本当に何もできない」
    と吐露してたんですが、当時は「そうでもなくね?」と思い、単に彼女の自己評価が低いだけだとスルーしてたんですが、最新話で、新しいことを覚えようとしている秋穂ちゃんに対して、海渡さんが意味深な表情をしているんですよね。となると、秋穂ちゃんの吐露は信憑性は高いんですが、なぜ秋穂ちゃんは何もできないのか?疑問に思ってます。

    (とりあえず、本当に何もできないなら、小狼とバトミントンで互角の勝負ができるわけないと思うんだが…彼女の自己評価がおかしいのか?アニメがおかしいのか?)

    +1
    #1699

    ともりんさん

    うーん、この世界って割と何でもアリなんで、肯定も否定も出来ないですね。
    「器」と呼ばれる魔法具が存在しないとなると、いよいよ秋穂ちゃんは何なのか怪しくなってます。
    そもそも海渡さんの、「あの一族と血が繋がっている」と発言から、
    秋穂ちゃんには血が流れている→人間
    と考察し直していたのに、その後、発言した本人が唐突に「創り出された魔法具」とカミングアウトしてますからね。
    海渡さんの発言をまとめると、秋穂ちゃんは「創られた魔法具」なのに、一族と「血が繋がっている」んですよね。
    この矛盾をどう解釈すればいいのか?

    0
    #1698

    珈琲さん

    まさか、秋穂ちゃんは母親とされる人の魔力によって産み出されたもので、人間ではないとか?

    0
15件の投稿を表示中 - 511 - 525件目 (全1,504件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
タイトルとURLをコピーしました