クリアカード編の考察 Part01

  • このトピックには1,503件の返信、26人の参加者があり、最後ににより2021.2.25 20:59に更新されました。
15件の投稿を表示中 - 331 - 345件目 (全1,504件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1925

    クラフティさん

    前回もシャバウォックっぽいモノがクリアカード化してますから、これも童話が絡んでいるので、秋穂ちゃんが関係していると思うんですが…海渡さんがそれを分かっているのか謎です。

    童話絡みだと、「モモ」という名前は、秋穂ちゃんが名付け親かもしれないなーと思いました。
    そしてモモの真の姿は一体いつお披露目されるのか?

    +6
    #1924

    あと少し気になったのは
    木の中の秋穂ちゃんがおやゆび姫っぽかった事です
    花が大好きなおやゆび姫、本が大好きな秋穂ちゃん。
    アリスだけでなく色んな童話とか絡んでくるんですかね…

    +4
    #1923

    何か明確な目的の為にクリアカードが創られているのなら、さくらちゃんの魔力が強くなり過ぎて暴走したのは、やはり偶然とかではなく、誰かがその目的の為にそうさせたってことになるんですが、じゃあ誰が何の為にどうやってクリアカードを創らせているのか?
    って話になるんですよね。

    そうなってくると、前からの疑問ですが、エリアルは、なんでさくらちゃんの魔力が暴走したのか、その原因をちゃんと調べたりしているのか?
    調べて把握したうえで秘密にしているのか?それとも、原因を調べたりせず、さくらちゃんの魔力が暴走した、困った。でもさくらさんならきっと大丈夫だろう、となっているのか?後者だったらマジでぶん殴りたい。

    +4
    #1922

    ミヒャルトエンデのモモでしょうね秋穂が最初に読んでいたのは

    「時間の国のアリス」という話には若干疑問があったので、延々とお茶会をしている話はありましたけど、クリアカード編に漂う切迫感はミヒャルトエンデのモモのほうに近い印象があります。

    さくらがついに「なんのために」と考え始めしたけど、自分たち読者視点からは「海渡の魔法」なのか「魔法協会の魔法」なのか「さくらの魔法」なのかそれぞれ意図が違うと思うのですけど、見えにくくて、さくらでなくても「なんのために」このような魔法が生じているのかと考えてしまいます。

    +5
    #1921

    最新話感想、考察

    「アリス」とは何なんだろうか(棒)

    うーん、まず、あのよく分からない花畑は、誰が創った空間なのか?
    海渡さんが魔法で創った空間なら、あのローブ小狼は、海渡さんが視せた幻ということになり、以前、星の鍵を奪おうとしたローブ小狼も、予知夢とかではなく、海渡さんの仕業で済むのですが…そういう感じに全くみえないんですよね。
    そもそも今回創られた「破壊」のクリアカードは、海渡さんが望むカードなのか?今回の一連の騒動の決着を、海渡さんはどう思ったのか?その肝心なところが描写無しだから、ホント謎のまま終わったなーという回でした。(そして来月は休み)

    俺はクラフティさんとは違い、クリアカード編で、小狼とさくらちゃんが、秋穂ちゃんの件で対立するような展開は無いと思ってます。(二人の価値観が違うことは同意ですが)
    俺はあのローブ小狼は小狼本人ではないと考察してますし、さくらちゃんも否定してましたから、今回の話でやっぱ違うんだろうなと思いました。

    あの花畑の秋穂ちゃん(?)が、ローブの人物だと思うんですが、いよいよ彼女が何なのか謎です。描写がホラーに片足突っ込んでましたし。
    さくらちゃんも秋穂ちゃんのことを「アリス」と呼び、秋穂ちゃん(?)もまた、さくらちゃんのことを「アリス」と呼ぶ。
    ホント「アリス」とは何なんだろうか?(そして来月は休み!)

    +2
    #1920

    最新号読了しましたが…

    戻れなくなる

    これ、さくらでも秋穂でもなく
    海渡さんの事⁇

    そしてモモと時計の本は
    秋穂ママの守護者、持ち物だったようであり
    又、モモも一族として属していた模様

    そして、過去回想で秋穂ちゃんが海渡と最初に出会った時に読んでた本、
    ミヒャエルのモモですよね、確実に。
    となると、クリアカード のモモはミヒャエルのモモって事⁇
    …ミヒャエルのモモも考察に絡めないとですかね…

    そして、冒頭で現実の小狼とは
    海渡さんに妨害されて
    引き離されるんですが、
    その時海渡さんははっきり
    さくらさんひとりに頑張っていただきたいって言っているので…
    さくらちゃんひとり、に重たい意味があるのかな、と…

    また、海渡さんの結界内で
    再びのフード小狼が登場、
    その小狼を否定した事でBlake=破壊のカードを固着、それを持って
    海渡さん結界から脱出かつ元の大きさに戻ったところで次号なのですが。

    このフードの小狼、以前皆さまが話されていた
    魔術師としての教育を受けた、受けてないで変わって来る見解と立場
    なのかなあと。
    さくらは受けてないので自身の感情を1番に考えるけど
    小狼はそれ以上に受けたが故の矜持のようなものがある。
    その魔術師としての見解から
    秋穂ちゃんに対するこれからで
    2人は確実に対立しそうかな、という…
    それなら、あのフードの意味もなんとなく分かるかな、と…
    色々開示はされてますが
    今後さくらちゃんと小狼、かなり辛い展開になりそうですね。
    それ乗り越えてなお2人一緒にいた上で
    より幸せになって欲しいと切に願う回でした

    あ、あと、秋穂ちゃんが旅をしているのは
    本を秋穂ちゃんのところに集めるより
    秋穂ちゃんを動かした方が早い、リスクオフだそうで。
    あの地下書庫の本の内容、全部書き込まれてる訳ですね…
    というか書き込んだらその蓄積したものを封印でもして独占するつもりなんでしょうか…

    0
    #1911

    ↑まあ、秋穂ちゃんの身体がどうなっているのかは、考えたらダメな類な気がするのでやめときますが、
    海渡さんと協会が、秋穂ちゃんの魂を守る消すの攻防を繰り広げている以上、秋穂ちゃんにも魂はあると考えてますが、じゃあ、その魂がローブの人物(アリス)なのかと言われれば違うと思います。だったら、秋穂ちゃんはあそこまでさくらちゃんに友好的ではないはずです。
    となると、秋穂ちゃんの魂とアリスの魂は、同一人物でありながら別ということになります。
    つまり、クロウ.リードの前例から、欧州最古の後継者の女の子も、協会に魔法具にされた時に、元々一つだった魂が二つに分かれたんだと考察してます。
    ここまでは分かるんですが、じゃあそのことを海渡さんや協会はどこまで把握しているのか?というのが個人的な疑問です。

    +3
    #1910

    ともりんさん

    実際、秋穂ちゃんの身体ってどうなっているんでしょうね(焦)
    例の描写から考察するに、全身時計仕掛け…なのか?それだと肉体は死んでいるようなもんですが…

    我々が「アリス」と呼んでいるローブの人物が、秋穂ちゃんの「魂」なんでしょうけど…うーん、身体(秋穂ちゃん)と魂(アリス)が、具体的にどうなっているのかイマイチ分からないですね。
    身体(秋穂ちゃん)はさくらちゃんが好きで、魂(アリス)はさくらちゃんが嫌い(と思われ)、ここをどう解釈すればいいのか?

    0
    #1909

    珈琲さん

    悲しいですが、魔法具にされたとき、肉体が死んでいれば禁忌になるかと。
    秋穂ちゃんはツバサの写身のような感じで。

    +1
    #1908

    ↑クロウが魂を二つに分けて生まれ変わったことは禁忌に触れるんだろうか?

    0
    #1907

    ともりんさん

    そこらへんどうなんでしょうね?
    人を物にするとか、物に意思を与えるとかが禁忌に触れるのはなんとなく分かるんですが、元々人間だったモノを元に戻すことは禁忌なのかと、個人的には疑問です。まあ、そんなことも禁忌に触れるという世界だったらなんか嫌だなあという感想ですが…
    元に戻す為の手段の方が禁忌に触れるのでは?と考えてます

    +3
    #1906

    禁忌についてですが、今回の場合は物(アリス、秋穂ちゃん)を人に変える(戻す)ということなんでしょうね。

    0
    #1905

    ぴよこさん

    考察ありがとうございます。
    桃矢兄に関しては、よく分からないままですね。こうなんじゃないかという考察は俺もしてましたが、外してそうですし。
    妹の置かれている状況や立場を理解していたら、もっと積極的に行動していると思うので、魔術師関係のことは分かっていないと俺は考えてます。でも描写的に、何かを知っているんですよね。それが何か分からないです。

    エリオルについては、さくらちゃんは既に2度、魔法具を通じて協会や一族の魔術師に襲われているのに、その協会からの情報を鵜呑みにして、海渡さんだけを警戒している状態なので、守っているとは思えないですね。
    ただ、クリアカード編は、作者が海渡さんと秋穂ちゃんの謎や伏線を優先させた為、既存のキャラ(守護者やエリオル)が、展開の都合で無責任な偽善者になってしまっていると思ってます。
    作者の都合で、キャラが動かされているように感じて辛いですね。

    +2
    #1904

    お久しぶりです。
    色々な考察の中ぶったぎりをお許しください。

    桜カード編にて桃矢が雪兎(ユエ)に魔力をあげたシーンなのですが、その際、桃矢の魔力ってもう戻らない的なこと言ってましたよね?
    でもクリアカード編では戻っています。
    皆あまり気にとめてない気がしますけど、それって桜の影響とかって可能性があると思うのですがどうでしょう?

    桜は自分の魔力がコントロールできなくてクリアカードを生み出してます。それは桜の想い(気持ち)が元となってますよね?
    その過程で無意識に桃矢の魔力を戻すことを桜が望み、そのせいで桃矢の魔力が戻った上に新たな力に目覚めたというのはどうでしょうか?
    また、ケロちゃんやユエさんに魔力がいかない原因も無意識に桃矢に魔力を注ぎ込んでいるから……とか

    海渡さんが欲しいカードも桃矢への能力(元来の力を戻す)的なものでは?と思うのですがどうでしょう?
    魔力の強い海渡さんですけど、人の心は読めないので、桃矢はノーマーク。だから気がついてない。
    そんな気がしてきました。

    そしてエリオルなんですけど、イギリスに戻ったのは協会とかからの介入から桜ちゃんを守っている(現在進行形)というのはどうでしょう?
    正直、エリオルが望みを叶えてくれたから「後は知らないよ〜」と言うような無責任キャラとは私思えないんですよね
    今回の件は読めていなかったとは思いますけど……(思惑外れて桜ちゃん小狼くんと両思いになっちゃったし……)
    その為海渡さんの存在も完全に予期せぬ事だったかもしれないです。
    ユエと両思いになっていたら小狼の李家が力を強くなるとか云々関係ありせまんからね
    まあその場合、秋穂ちゃんはきっと知らない場所で遅かれ早かれ完全な魔法具になっていたのかも……。

    というわけで、横入りのぶったぎり考察でした〜。

    +1
    #1901

    珈琲さん

    すみません、私は時間ではなく物を戻すリターンをイメージしてました(^_^;)

    0
15件の投稿を表示中 - 331 - 345件目 (全1,504件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
タイトルとURLをコピーしました