クリアカード編の考察 Part01

このトピックには1,503件の返信が含まれ、26人の参加者がいます。2021.2.25 20:59に さんが最後の更新を行いました。

15件の投稿を表示中 - 31 - 45件目 (全1,504件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #477

    珈琲様、ご返信ありがとうございます

    アニメの作成に関しては
    おそらく当初は原作と足並み揃えで
    26話?でしたっけ?
    で完結する予定だったのが
    しれっと22話に短縮されたり
    アニメ17話辺り以降からの
    NHKの予告や放送内容の乖離や
    今のもたつき具合からして
    その時期におそらく劇場版?決まったんだろうなあと思ってます

    短縮で幻になったのは4話?分、
    だいたい2時間弱ですからプラス1話で2時間30分までは上乗せ出来そうですし

    あと、『真・夢の杖』の可能性は高いと思います
    『月の鈴』の前例ありますし

    そして色々考えても結局行き着くのは
    珈琲様のおっしゃる
    『だいたいクロウ・リードが悪い』なんですよね苦笑
    でも、それでも、
    『優しい世界』のCCさくらだけは、
    ほんのちょっとでも
    バッドエンドになる方向は勘弁して欲しいですね…

    19+
    #487

    流石にアニメ最終回後、最悪Eテレの方が終わる頃には、何かしら情報が出ると信じてます

    この世界は、「世界最強の魔術師」でも問題ない、「優しい世界」なんだと、さくらカード編終了当時は思ってたんですけど、魔法協会やら禁忌の魔法具が存在する、いたって普通の社会だとクリアカード編で分かり、「優しい世界」の定義がよく分からなくなってます。

    4+
    #488

    はじめまして。前ともよちゃんねるを時々チラチラと見させて頂いておりました。皆さんの奥深い考察をいつも興味深く読ませて頂いていました。

    今回、小狼が使っていたのがサクラカードだったという私がずっと思っていた展開になったのを受けて、恥ずかしながら稚拙な考察を書かせてもらおうと思った次第です。
    即出でしたら申し訳ありません。

    私としてはツバサとホリック以外のものでは、アリスが一番の考察のヒントと思っています。
    (うさぎのモモについては、「モモ」を連想させられましたが、あくまで「時間または時計」というキーワードへのヒントかなと考えています。)

    「アリス」に関しては、不思議の国も鏡の国もどちらも共通しているヒントは「何が起きても書き手の自由自在」ということです。どちらのアリスの本もハチャメチャな展開です。なぜなら著者が姪っ子に話して聞かせた思いつきのデタラメなお話が元ですから。
    そのヒントから、もしもさくらがあの「時計の国のアリス」の書き手なら、どんな結末も自由自在なのかな、と。海渡は本に捕らわれたかした秋穂を救うためにとかであの本をさくらに結末を書き換えて欲しくて、そのためにカードを作らせ力を強くさせている感じなのではと考察しました。
    (秋穂に関しては、人間ではく秋穂が消えそうなサクラカードの最後の一枚ではないか、とも疑っています)
    海渡は小狼へのさくらの気持ちすら力の巨大化のために利用してるのかもしれません。あのローブの小狼然り。さくらは動揺するし、彼を守ろうと沢山の事を願い始めてしまう…。海渡の思惑通りです。

    小狼とエリオルは別で、サクラカードが消えないために避難させたり、新しいカードを無意識に作るさくらを見守り止めようとしてる。「大きすぎる力は不幸になる」から、強大になる力を止めたい。この時点で海渡とは対立する立場です。

    ちなみに、さくらの言う「違う」は、その時のさくらが作ったものではなく、以前に無意識に作ってしまったものを固着させようと小狼が何かしてるんだと思います。だって絶対あとからすまない、とか言いつつ現れるから笑。
    (または海渡に干渉されて作らせられたから違う、のか?)

    まだまだあるのですが、長くなるのでここまでにします。

    17+
    #489

    ここからはアリスには関係ない考察です。
    考察とも言えませんが。

    サクラカードについては、「ひとりの主につきカードは一種類だけ」みたいなルールが多分あるのでしょう。なのでサクラカードを避難させたのでしょうね。
    別の場所でも書いたのですが、サクラカードとはいえ小狼の魔力で使うから、さくらも何も感じなかったのだと思います。ケロちゃんも気付かないのは、もうケロちゃんだからと言うしかありません笑。
    それか、小狼への信頼が厚いのだということに笑。

    とうやにいちゃんの力は何かは分からないけど、多分小狼を助けることに使うから言いたくないんだと思います。小狼助けるイコールさくらを助けるになるけど、兄ちゃんとしては面白くないからあんな感じなのかな。「とーや、嫌なことじゃないの?」って雪兎が聞いた時の反応から、ずっと確信してます。

    11+
    #490

    度々失礼します!

    前出の、ccさくらの「優しい世界」のお話ですが…。

    クリアカード編に「禁忌」がやってくるって話を聞いた時、私は「あー、ついにクランプワールドがやってくるんだ」って思いました。それこそが禁忌ではないかなと…。

    でもその禁忌がやってくると作者がいってる。

    時計とか夢とかのキーワードが入ってるのを見たときすぐに「過去の改変」が思い浮かび、巨大な力を持つさくらちゃんが、小狼や秋穂を救うためにしてしまうのではないかな、と。で、その対価として「忘れてしまう」または「関係性を失う」のでは…。

    または、ツバサの写身小狼と写身さくら姫が、小狼とさくらに生まれ直したりとか…。

    恐ろしい妄想が広がりました。

    10+
    #492

    クラフティさん、初めまして(^^)
    アニメがどうなるかは、私も分からないですが、劇場版か2期という感じになって欲しいなぁと思います。

    個人的にはアニメのツバサクロニクルのような感じにはなって欲しくないのでf^_^;

    ただ、時間が巻き戻されるかは正直微妙な感じがします。あれだけクリアカード絡みで色々起きているのに、1話の時間に巻き戻しは…、やりようによっては、問題解決を先延ばししただけになってしまうのと、PV3弾終盤のさくらちゃんの台詞「どんな困難も何とかなるよ!絶対大丈夫だよ!」は、多少の真実を知った上で、覚悟というか決意を固めた感じに聞こえましたし、その台詞がまだ出てないので、最終回は、私達の戦いはこれからだENDになりそうな気がします。

    6+
    #493

    あと、原作・アニメ共に、「記録」のカードの描写や、撫子さんの「これ以上はダメ、これ以上は戻れなくなる」の言葉の意味を考えていたんですが、(もし以前に旧ともよちゃんねるで考察した内容と被っていたら、すみません)
    さくらちゃん達が認識しているカードの効果と、実際にカードがやっている効果の内容は違うのではないかなと。

    さくらちゃんは「記録」のカードの効果を、立体的な写真・動画を撮影するような感覚で使ってしまっていますが、
    実際に「記録」がやっていることは、術者が指定した範囲の過去の時間を切り取って、術者に干渉・改変が可能な状態で映し出すことかなって。簡潔に言えば、カメラのような姿をした「戻」のカード。
    魔力が強くなった影響も多少はあると思いますが、その性質をさくらちゃんは認識せずに使って、
    過去の撫子さんに触れる=無意識に干渉・改変をやろうとしたから、
    撫子さんに注意されたのかも。(アニメの場合は、霊を視る力がさくらちゃんにはないから、映し出した過去の自分の姿を使って、撫子さんは注意したのかも)

    19+
    #494

    過去改変で1番怖いというか禁忌になるのは、確定した未来のある事項が変更されることで、それに関わった人や物にも多大な影響を与えることです。(誰かの生死に関わることだったら、尚更)
    アニメさくらカード編で、さくらちゃんが「戻」のカードで、クロウさんに会いに行った時、クロウさんはさくらちゃんが当時のケロちゃん・ユエさんに関わるのをさりげなく避けるようにしてました。それは、当時のケロちゃんとユエさんはクロウ一筋という感じで、未来の主であるさくらちゃんを拒絶した場合、さくらちゃんが生きている時間軸に影響が出て、さくらちゃんの存在そのものが脅かされる可能性があったからだと。

    じゃあ、ツバサクロニクルの紗羅の国の場合は何で改変の代償がなかったかというと、改変自体が異世界の存在(写身小狼一行やサクラの羽根)によって、もたらせれたからだったと思います。

    7+
    #495

    撫子さんの発言でよく分からないのは、以前、桃矢が視えていたときは、撫子さんは普通に受け入れてましたし、藤隆さんが視えるようになった時は、むしろ喜んでました。
    それなのに、さくらちゃんが視えるようになったら、こうして警告し、心配しているのが不思議です。
    父と兄は良くて、何故さくらちゃんは駄目なのか?

    後、『記録』で過去を視たことは関係ないと思います。撫子さんは霊体(?)の自分を、さくらちゃんが「視える」ようになったことに対して警告しているので、(アニメの演出のせいでややこしくなりましたが、原作だと「やっぱり視えるのね」という前置きがありましたので)

    2+
    #496

    個人的に、原作21話で
    カードキャプターになったさくらちゃんを見守り続けた「優しい世界」の象徴である撫子さんが、さくらちゃんがカードキャプターになって初めて自分の為に魔法を使ったそのタイミングで警告をした時に、今まで積み上げてきたものが一気に崩壊したので、「優しい世界」というのは終わったのかと思うくらいの衝撃がありましたね。その後の展開は、まさにそれです。

    4+
    #498

    「優しい世界」についてネガティブな意見を書かせてもらいましたが、結局のところ、今の状況って、さくらちゃんにとって「普通」のことなんだと思ってます。
    魔術師としては、今の立ち位置なら、こうなること(力を狙われるなど)は想定できたことですし、家庭事情に至っては、一般家庭ならよくあることです。(タイミングが悪すぎたが…)

    エリオルは、「見ざる、聞かざる、言わざる」を徹底せずに、もっと普通の対応をすれば、ここまで酷いことになってないと思いました。(「不幸になる」と知っていた件は、マジで許さないが)

    今が「優しい世界」なのか「普通の世界」なのか分かりませんが、ハッピーエンドになるといいです。これは大丈夫だろうと確信できる情報がほとんどないが…

    1+
    #517

    珈琲さん
    私も最近までは、そう思ってました。だけど、珈琲さんが指摘した通り、藤隆さんや桃矢くんが良くて、さくらちゃんが駄目な理由は、はっきり言われた訳じゃないですよね(強いて言えば、霊が視えるようになった理由は、強すぎる魔力の暴走の影響であり、撫子さんもさくらちゃんの魔力暴走を心配していると考えられる)。
    それに、視えるのを確認してから忠告=霊が視えるのが駄目という意味に繋がるかは…、何とも言えないです(原作では、どちらとも取れる)

    私は、アニメと原作で、共通点をなるべく探して、その共通点からなるべく考察してますが、
    撫子さんの忠告は、過去への干渉を無意識にさくらちゃんがやろうとしたから、出た言葉だと思います。

    8+
    #518

    あと、霊が視えることに関しては、さくらちゃんの魔力暴走だけでなく、「時計の国のアリス」の影響で、夢の力が強くなっているという点からも、考えることが出来るかと。
    考察から少し外れますが、夢で昔亡くなった大切な人と会ったって話、全く聞かない話ではないし。

    それに、ツバサクロニクルでは、夢の世界には魂しか行けないというので、写身のサクラが対価を払う等して、身体と魂を分離させているので、
    「時計の国のアリス」の力は、夢の力によって、対象者(今回は多分さくらちゃんと秋穂ちゃん)の魂を身体から引き離して、夢の世界に捕らえてしまうことかなって思います。んで、一旦引き離されてしまった魂を元の身体に再び戻すには、死者蘇生の類が出来る術具が必要になるのではと思います。

    5+
    #519

    はじめまして!ぴよこです
    皆さんの考察が奥深くてすごいと本当に思います。
    ちょっと横かもしれませんが、私が気になるのは桃矢くんの新たな力です
    桃矢くんは「時が来たら…」と言ってますよね?そしてわざわざさくらちゃんに声をかけて「まだか…」と確認…、これと、撫子さんがさくらちゃんに言う「戻れなくなる…」と何か関係がありそうで…
    つまり、さくらちゃんがさくらちゃんでなくなる危惧を示してるんじゃないかと…
    これはあくまで私の勝手な推察なのですが、原作にて迷宮のカードの時、さくらちゃんの目の回りにあるチカチカと秋穂ちゃんが海渡さんに夢の話をするときにある目の回りのチカチカが同じような表現に見えるのは私だけでしょうか?
    これによりさくらちゃんと秋穂ちゃんが共鳴してるのは間違いないと思われます
    例えばなんですが、さくらちゃんと秋穂ちゃんの存在が入れ替わる…と言うのはどうでしょう?
    回りにもわからないように少しずつさくらちゃんから秋穂ちゃんへと変わって行く…そして気がついたらさくらちゃんはいなくなり、秋穂ちゃんが存在するようになる…
    その予知を何らかの形で知った桃矢くんが完全に変わる時にさくらちゃんをこの世にひき止めるために力を使うのではないでしょうか?
    エリオルくんが歌帆さんにさくらさんは魔力の強いものを引き寄せる…で、歌帆さんが、「さくらちゃんを一番に思う人がいる…」というところで、小狼ではなく、さくらちゃんと桃矢くんの会話…というところも気になります…(小狼はお兄ちゃんには勝てないのね…と思いました)
    また、私の記憶では秋穂ちゃん、海渡さんと桃矢くん会ってませんよね?もちろん雪兎(ユエ)も…ここの辺りから、さくらちゃん、秋穂ちゃんに乗っ取られ、それにより桃矢くんの力が発動すると考えてます
    めっちゃ横にそれて、しかも長文すみません…

    5+
    #520

    横ついでに…
    エリオル、小狼チーム→さくらカードの危険(取られるとか存在が危ないとかそういう感じ)と、さくらちゃんの力暴走の阻止
    桃矢、撫子チーム→さくらちゃん存続させるために行動
    海渡、モモチーム→さくらちゃんを秋穂ちゃんへと乗っ取り作戦(仮)
    と言う感じで、目的が個々に違うような気がします

    6+
15件の投稿を表示中 - 31 - 45件目 (全1,504件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。

スポンサーリンク
ともよちゃんねる2.2