クリアカード編アニメ感想 Part01

  • このトピックには63件の返信、15人の参加者があり、最後ににより2018.10.4 01:28に更新されました。
15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全64件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1203

    最新話なかよし11月号 e-bookでドコモ携帯払いで読みましたよ。なんか話が一気に進んだ。(そしてわかりやすくなった)感じです。「歯を食いしばれ」には、ちょっと笑いましたけど。「主も守って自分も守れ」前に桃矢がユエに言ったセリフですね。それを今度はユエが言うと。考えたらこれって言い方は違えど苺鈴の言っている事とも通じます。

    『「いい人」っていってもいろんな「いい人」がいるんだけどでも私の周りの人はいつも他の人の幸せを考えてどうしたら笑顔になってくれるか考えてる人なの』
    『それはとてもいい事だけどでも人の事ばかり考えてたら「自分の事はどうでもいい人」になっちゃう。あなたも小狼も大好きな人のために頑張りすぎて自分を大事にするのを忘れてない?』
    『小狼は特にそうだし頭も固いんだけどあなたは先に自分が幸せになって小狼の目を覚ましてあげて』

    「わかっているだろ この声が誰のものか」謎の声が秋穂の体を乗っ取って言いました。ここはアニメ化されたら実際は誰の声になるんでしょう?これが秋穂自身だとしたら変なところがあります。

    「やはり強い魔力だ」「強すぎる魔力だ」「クロウリードの血筋ですもの当然でしょ」一人芝居の落語でしょうか?自分には複数のキャラに見えます。(「当然でしょ」はモモの声で再生されました。自分は)

    この子の力もこの器に…「時計の国のアリス」が八神はやての持っている『闇の書』に見えてきましたよ。

    で、今回の”蒐集”未遂はTVアニメ最終話の戦いを彷彿とさせました。やはりTVアニメ版と漫画版は流れのスピードは違えど同じ方向で進むようです。

    +1
    #1197

    珈琲さま

    グレーテル、見ましたが…

    ホットケーキのタネ落としてから
    菜箸でいじるとかないと思う…
    とツッコミしてしまいました…

    声優の皆様の新録は嬉しいですが
    卵焼きの回をそのまま持って来るなら
    中途半端に動かさずに
    静止画で、小狼の「美味い!」までやってくれてもって
    思ってしまいましたね…
    ワガママなのは自覚してますけど
    原作が本当に辛いところなので
    ほのぼのが欲しいんですよ…

    +2
    #1170

    Eテレ「グレーテルのかまど」という料理番組で、「カードキャプターさくらのホットケーキ」というテーマで、短編アニメもありましたね
    (番組に出演していた瀬戸さんという方が、熱心にアルミホイルで夢の鍵の型を作っていて、好感持てた)

    短編アニメは、さくらちゃんがケルベロスと会話しながらホットケーキを作るというものでした。
    お母さんはお父さんが落ち込んでたり頑張っているときにホットケーキを作っていたから、自分も小狼にホットケーキを作ろうと…(何も言うまい)

    カードキャプターさくらを見て、超久しぶりに優しい気持ちというやつになりました()

    +3
    #1040

    クラフティさん

    BSで最終回を迎えた後に、リアルで「二人の思い出のくまのぬいぐるみ」が商品化という広告を見た時、確かに例の件はアニメでは描写しないよなあと、大人の事情というやつをヒシヒシ感じました。(なんか変な笑いが出てしまいましたよ)

    あくまで個人の感想です

    +2
    #1038

    クリアカード 編は
    一応原作先行、アニメ追随のパターンなのでしょうが
    ここまで大人の諸事情が透け見えしてしまうのであれば
    アニメ先行、原作追随でも良かったんじゃないかなと思ってます

    今も現在進行形で
    色々なコラボや企画、展示などで
    話題を繋いでますが
    今後の原作の展開が
    明るくない可能性が高いのに
    そんなにコラボとかして大丈夫なのかなあと逆に心配なんですけど苦笑
    もしくは鬱展開前に色々やっておこうって計画なんでしょうかね…

    +2
    #1037

    にもさん

    好きな作品に望むことは人それぞれなんですが

    ・初デート中、知らないとはいえ、水族館の水槽を破壊したり、友達を危険な目に遭わせてしまい、さくらちゃんのカードキャプターとしてのアイデンティティが崩壊する。
    ・辻褄の合わない「クロウの血縁」発言
    ・最終話
    ・アニメの今後について何も情報が無い

    と、俺個人は容認できないことがアニメは多くて、どうしてもネガティブになってしまいます。
    かといって、原作の今の展開も、あまり擁護出来ないですが…

    メイリンの存在は確かに大きいですね。まあ個人的には、共闘後、メイリンの心配を最優先にしたさくらちゃんを、ちゃんと自分の心配もしなさいと、しっかり注意してくれたら完璧でしたね。

    +1
    #1036

    珈琲さん

    アニメだと空中ハグされた直後、さくらちゃんは戸惑った表情をしてましたよ。その後、どんな表情だったかは描写はないですが。

    …まぁ、仮に喜ぶ描写だったとしたら、怒るまではいかなかったとしても、モヤモヤと複雑な気持ちにはなったと、私も思います。

    少なくとも、さくらちゃんが何を考えているかについては、原作よりもアニメの方がまだしっかり描けていたかなと、私は思います。十分に足りるかどうかは、別としてf^_^;

    やっぱり、苺鈴ちゃんの存在、すごく大きいなと冷静に振り返ってみて、思いました。

    +3
    #1035

    にもさん

    原作でははっきりと描写されてた、小狼にバグされた時のさくらちゃんを表情を、アニメでは描写しなかったのは、まだ良かったと思ってます。
    これを、(ファンが望んでいる)さくらちゃんと小狼の関係を崩したくないからと、さくらちゃんがバグされて喜んでいる描写があったら、俺は怒っていたと思います。
    原作の今までの展開から、さくらちゃんがあの表情をするのは仕方がないし、納得なんですが、アニメのさくらちゃんは、どんな表情をしていたのか…
    (考える余地が残っているのは良いことだと思うようにしてます)

    まあ、原作にしろアニメにしろ、さくらちゃんが何を考えているのかホントよく分からないのですが…(いいかげんさくらちゃんの心理描写を隠さないで欲しい)

    +2
    #1034

    原作では、「火焔」の固着後に、さくらちゃんが小狼くんの様子に違和感を持つ描写が入って、その後すぐにひいおじいさんの家→「鏡像」固着→空中ハグとなり、さくらちゃんが、小狼くんが何を考えているのを断片的にでも感じ取る展開はありません。
    だけど、アニメの場合は、「氷雹」固着時・小狼くんが謎の力(クロウカード?)を使った後に、小狼くんの様子に違和感を持ち、その後の苺鈴ちゃんとの会話で、小狼くんのことで悩んでいることを打ち明けます。そして、その後の「幻影」の固着までの過程で、小狼くんが自分を助けるために無茶をする姿が描かれたことで、小狼くんが秘密にしていることは分からないものの、小狼くんはさくらちゃんを1番大切に思っていることが明らかになりました。

    そのため、原作のさくらちゃんは小狼くんに対して不安だけじゃなくて、もしかしたら不信感・疑念を感じているかもしれないですが、
    アニメのさくらちゃんは、小狼くんに対する不安は勿論あるとは思いますが、苺鈴ちゃんとの会話や「幻影」固着までの過程を経たことで、小狼くんは自分を大切に思っている、だからこそ1人で抱え込まないで、私にも話して欲しい、と思っているのかも。

    ひいおじいさんの家でさくらちゃんが小狼くんに言った「小狼くんも、教えて欲しいよ」という言葉は、同じ台詞でも原作とアニメでは、意味合いが微妙に違うと思いました。

    かなりの長文になり、すみません。

    +5
    #1033

    つまり、原作では2人の思いのすれ違いの象徴みたいな感じになってしまった空中ハグは、アニメではある意味苺鈴ちゃんが言った「さくらが先に幸せになる」の部分的な否定・疑問提起が入っていのかな、と。

    小狼くんが抱えているものを明らかにする・解決しないと、さくらちゃんがいくら笑顔で楽しく、幸せそうにしていても、小狼くんは目を覚ましたりしない。
    今回のクリアカード関係の根本的な解決には、どちらか一方が先に幸せになるというのではなく、2人揃って幸せになるようにする必要があるんじゃないのか?っていう。

    2人の思いのすれ違いという点は、原作・アニメともに共通してますが、そこの違いが、原作とアニメの空中ハグの演出の違いに、少なからず影響を受けた気がします。それに、空中ハグに至るまでの展開・その後も原作・アニメの物語の進展に影響を与えていると思います。

    +2
    #1032

    それから、原作とアニメ21話で雰囲気がかなり違う小狼くんがさくらちゃんを空中で抱きしめる展開ですが、

    原作では、どちらかといえば小狼くん視点で、さくらちゃんは笑顔ではいるけど、それが脆く壊れそうな感じがして守らなきゃ、って小狼くんは思っていますし、さくらちゃんはさくらちゃんで、小狼くんが何か自分に関わることで心配しているから、何か楽しいことをして、小狼くんも笑顔になって欲しいというのすれ違った結果のものでしたが、

    アニメの場合は、すれ違ったという結果は同じですが。さくらちゃんは、苺鈴ちゃんが言われた「先に自分が幸せになって、小狼の目を覚ます」を実践したんだと思います。実際、さくらちゃんは、今回のクリアカード関係の根本的なものは分からないけど、不幸かと言ったら、そういう訳ではないし…。むしろ、クリアカード関係の事件を除けば、全体的に見たら、幸せだと思います。ただ、そのクリアカード関係の根本的なものを知らないが故に、すれ違ってしまったということだと。

    +1
    #1031

    珈琲さん

    ん〜、多分これは、アニメ派か原作派での感じ方の違いもあるとは思いますが、
    確かに、演出で原作の暗い雰囲気を上手く誤魔化した部分はあったと思います。だけど、一概に言えない部分もあるかな、と。
    最終回は「原作ストックがなくなりました、ごめんなさい!」っていう打ち切り感が半端なかったですが、アニメはアニメでクリアカード編は展開していたとは思います。
    (2期は遅かれ早かれやると、私は、思ってますし、アニメはアニメでこれまでのように、しっかりやってくれると思います)

    0
    #1030

    あくまで個人の意見です。

    アニメについては、原作の続編が、大勢のファン(アニメ関係者も含む)が望んでいない展開をしているので、アニメ側は、原作の展開をしつつ、ファンが望んでいるような演出をしていたら、どんどん原作と足並みが揃わなくなり、最終話が、例の件を無かったことにして、無理矢理ハッピーエンドという、よく分からない結末になってしまったんだろうと思ってます。(大人の事情というやつもあると思いますけど…)
    俺も、原作の今の展開を望んでいない、大勢のファンの一人です。原作の初デートが9ページで終わったのは、マジでショックでした。
    ただ、世界観次第では、カードキャプター(魔術師)になったさくらちゃんの立場が危うくなるのではと、昔からネットを調べたりして、考察、予想はしていて、続編では、そこら辺のフォローがエリオル(というか作者)からあるだろうと思っていたのですが…「強い力は己自身を不幸にする」でしたから、原作の方の展開もよく分からなくなってます。(最新話でさらに分からなくなりました)
    俺は、さくらちゃんを魔術師にしたエリオル(クロウ)は、昔から大嫌いでしたけど、流石にここまで行動と発言が矛盾するような人物にしなくてもとも思ってます。(エリオルがさくらちゃんのことを大切に想っているのは分かるから、尚更、彼のしたことがいまだに理解出来ない)

    ようやく最新話が更新されますね。いいかげんカタルシスが欲しいところです(笑)
    また、原作の考察とか盛り上がるといいです。

    0
    #1029

    19年待ったんだ、これからも待ち続けます。

    とりあえず今は、やるのかも分からないアニメ続編よりも、原作の結末、さくらちゃんの未来を見届けないといけない

    +2
    #1028

    しばらくは、首を長くして、情報を待つことになりそうですね…。

    +1
15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全64件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
タイトルとURLをコピーしました