クリアカード編の考察Part02

  • このトピックには180件の返信、5人の参加者があり、最後ににより2022.1.6 13:30に更新されました。
15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全181件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #2495

    新年初の真面目な考察です。

    「火花」の術式に「詩之本秋穂」が関係しているのでは?ということを考慮して、改めて「火花」の術式が登場した8巻を読み返し、この直前に何があったのか確認すると、同じ巻に、暴走した「詩之本秋穂」をユナ.D.海渡が止める描写があるんですよね。その際、ユナ.D.海渡がやった「何か」に対し、モモが

    「「魔法は発動させる」のね」

    と、言っているんですが、
    ここで言った「魔法」というのが、「火花」の術式ではないのか。
    と、俺は考察してます。

    小狼が「火花」の術式はユナ.D.海渡の力ではない。と考察してますが、
    ユナ.D.海渡が「詩之本秋穂(魔法具)」が持つ「魔法(火花の術式)」を発動させた。とすれば、辻褄は合います。
    後は以前考察した通り、その後、「詩之本秋穂」に発動した「火花の術式」が、共鳴しているさくらちゃんにも発動し、発動させたユナ.D.海渡は、それ以降、秋穂ちゃんに触れることを躊躇っている。作中の流れ的にこんな感じかなーと思います。

    まあ、ユナ.D.海渡が「詩之本秋穂」の「火花の術式」を発動させた肝心の理由が分からないので、こう長々と書いといて、考察として不完全なんですが、このシーンを境に、ユナ.D.海渡が秋穂ちゃんに触れる描写が無くなったので、考察としては悪くないと思ってます。(ちなみに7巻までは、2.3回ほど、ユナ.D.海渡が秋穂ちゃんに触れる描写があります。)

    今年もよろしくお願いします。

    #2494

    しかし、前回の詩之本秋穂に「火花」の術式が仕込まれているのでは?やら、今回のクロウ.リードに関する考察やら、どうも作中で想定外の事態になっていることを、第三者の仕業にしたいと思って、いらぬ深読みをしちゃているのでは?と思っている自分がいますね(苦笑)

    いや、「火花」の術式がユナ.D.海渡以外の原因というのは作中で明言されているので、別の「何か」が干渉しているのは間違いないんですが…
    ホントに第三者、「黒幕」なんているのか?と思っている自分もいます。

    さくらちゃん達もユナ.D.海渡達も、なんか自分達で勝手に事態を悪化させてる感がすごい…()

    #2493

    最新話でのケルベロスのクロウ.リード評の中にあった

    「クロウは、「やる」って決めたことは絶対やる」

    というセリフが、すげー気になり出してます。
    クロウが「やる」と決めたことは「禁忌の魔術の発動」な訳ですが、それは別の誰かが発動させても、クロウの目的は達成されるんですよね。

    俺はどうしても、「強すぎる力を持つ者は不幸になる」という教えがあるにも関わらず、さくらちゃんにクロウを超える魔力を与え、魔力が暴走するまで何もせず、その後の対応もなんか杜撰過ぎるエリオルが理解不能で、「エリオル黒幕説」を出し、それはずっと保留のままでしたが、

    先の未来が分かり、「やる」と決めたことは絶対にやるというクロウ.リードが、「時計の国のアリス」の本を持っていた。(細工を出来る状況だった)そして、ある程度はクロウの記憶を引き継いでいるエリオルが、木之本桜を後継者に選び、クロウを超える魔力になるように仕向け、今に至る。
    となってくると、これまでのことは

    クロウ.リードが「禁忌の魔術」を発動させる為に仕組んだこと

    だと、全く言い切れないと俺は思います。
    まあ、仮にクロウが「本」に細工をしたとして、守護者であるモモが気が付かなかったのか?そもそもクロウが本を持っていた時、モモはどうしていたのか?という疑問もあり、まだ妄想の域を出ないですが、
    クロウ.リードが関わり、一度は手放した「本」が、今度は後継者である木之本桜と関わっている。というのを、偶然と片づけるのもおかしいと俺は思います。

    マジでケルベロスが言った通り、「揉め事全部、クロウのせい」となるんだろうか?

    #2487

    ともりんさん

    うーん、ともりんさんは今回のモモの行動をネガティブに捉えていますが、俺は
    さくらちゃんの魔力が強くなり過ぎていて、元々の想定以上に不幸な結末になる可能性が出てきた。からなのか、
    それとも、
    さくらちゃんが強くなったことで、ユナ.D.海渡の計画を打ち破る可能性が出てきたから、さらに後押ししようとしている。からなのか?
    という点も分からないので、なんともいえないですね。

    ホント、モモの行動はよく分かりませんよ。さくらちゃんに何かをして欲しいのは間違いないと思うんですが、なぜ直接さくらちゃんに相談しないのか?前までなら、ユナ.D.海渡が時を戻して無かったことにされたんでしょうが、今なら、さくらちゃんに「包囲」を使わせれば回避できる訳なので、なぜ現在進行形で協会や一族から秋穂ちゃんを守っているユナ.D.海渡を、更に弱体化させるような行動をするのか?

    #2486

    珈琲さん

    確かにこのタイミングで現れたのは気になりますね。
    あるいは、海渡が死ぬとモモが消滅する?
    あるいは、アリスが暴走して、
    それはモモでも手に負えない?

    #2485

    うーん…流石に今回のモモの行動は、さくらちゃんの魔力が強くなり過ぎているという、想定外のことが起きた故の行動だと思うんですが…(じゃなかったら、流石にユナ.D.海渡に同情する)
    だとしても、じゃあなんで直接さくらちゃんに会おうとせずに、彼女が留守中のタイミングを狙って木之本家に出向いたのか疑問に感じました。

    あの家自体、特異な場所みたいですし、封印の書やら、星の鍵やら、ヤバい魔法具が無防備に保管されてますからねー。これらに用があってもおかしくはないと思うんですが…

    さて、あの2体は、不法侵入者に対し、ちゃんと本来の役目(守護者)を果たすことが出来るのやら…

    #2483

    ともりんさん

    > でも、海渡、次時を戻したら命がないような
    →そうなんですよねー。メタ的に次でも死なないんでしょうけど、あれだけ寿命を削る行為をするユナ.D.海渡を咎める描写があったのに、当の本人が、彼が術を使う(寿命を削る)こと前提の行動をしているのは、理解出来ないです。

    作中でユナ.D.海渡の「真名」がどうとかという生存フラグが立っているので、モモは、彼が最終的には助かる目処があり、だから自分の行動で、彼が寿命を削っても問題ないと思っている。のかもしれないと考えましたけど、それならそれで、非常に理解に苦しみます。

    #2482

    最新話感想です。

    まず、小狼が一緒にやりたい、
    と話したのは変わったなあと思いました。

    クロウもやろうとしていた禁忌の魔法、
    まだ謎のままでしたね。

    最後はモモが現れましたが、
    やっぱり、海渡を止めたいのでしょうか?
    でも、海渡、次時を戻したら命がないような。

    #2481

    最新話感想、考察
    俺は、このクリアカード編の考察Part1最初の投稿で、
    >まとめると、だいたい全部クロウ.リードが悪いです
    と書いているんですが、遂にというか、ようやく作中でも、揉め事の多くが「クロウのせい」だと明言されました。

    クロウリードの性格が曲がりに曲がっていて、敵も多かった。というのは、作中の描写や「魔術師」の在り方から、なんとなく予想出来ていた訳で、結局彼は、木之本桜の「味方」ではあるけど「善人」ではなかった。ということなんでしょうが、まあそれをちゃんと分かっていて、どうして当時小学4年生の女の子を、そんな魔術師の後継者候補に選んだのかなこの魔法生物は?と、早口で突っ込まさせてもらいたいです。

    一方で、肝心のさくらちゃんや小狼は、クロウ絡みのトラブルが何も解決していないのに、クラスメートと「二人のアリス」の演劇に真剣に取り組もうとしているのですが、今はこういう「日常」よりも、他に優先すべきことが沢山あるのでは?とか思っちゃいます。(まあさくらちゃんは、この演劇をする事で、何か起きると分かっている節はありますが…)
    前回さくらちゃんは、「わたしが、無くしたくないほう」と、意味深に言って締めましたが、その、無くしたくないものに「鏡」はちゃんと含まれているんでしょうかね?
    (ここ数話、作中で誰一人として、「鏡」を無くしたままであることに一切触れないので、流石に皮肉りたくなりました。)

    #2479

    こんにちは!お久しぶりです。
    ようやく最新話読みました。

    今までの話の何が虚で何が実なのか、切り分けろってことなのかと一瞬解釈しましたが、誰にとっての本当かとすぐに出てきたので、そういう事では無いのかなと思いました。

    私は
    ・秋穂ちゃんの人生が丸ごと『虚』=絵本の世界
    ・さくらちゃんの人生が丸ごと『実』=現実世界
    ・誰にとっての本当か=絵本の世界の住人にとっては絵本の世界が『本当の世界』(現実世界は言わずもがな)
    ・海渡さんのやりたいこと=絵本の主人公(秋穂か秋穂母)と現実世界の主人公(さくら)の入れ替え?
    ・モモの本が出来ること=本に書かれたことの具現化?
    ・物語の結末=絵本の世界も現実の世界もハッピーエンドにする

    だと解釈・妄想しました。
    結末とかに関しては妄想というか希望ですね。
    どちらと言われている時に両方を選択するのは少女漫画らしいかと思いまして。

    秋穂の人生が『虚』で絵本の世界の場合、海渡や秋穂母も絵本の世界の住人なのか、撫子さんと会った時点から絵本世界と混ざり始めていたのか辺りが謎ですが…。

    ここまで来て、クリアカード編は全て秋穂ちゃんの夢の中の出来事で、そこに迷い込んださくらちゃんを描いていただけで、さくらちゃんと小狼くんのラブラブ中学生編が無かったことにされるような夢オチエンドは勘弁願いたいです…。

    #2478

    まあ「火花」の術式については、頭の片隅に置いとくとして…
    やっぱりなというべきなんでしょうが、秋穂ちゃんに教えてもらった「時計の国のアリス」を参考はした「二人のアリス」の台本の中に、明らかに「疾風」「水源」「包囲」「顕現」と思われる現象がありましたね。
    だいぶ初期から考察済みでしたが、やはりクリアカードの中には、木之本桜の想いや考えで創られたカード以外にも、「時計の国のアリス」に関係したカードも存在してますねコレ。(小狼とエリオルは何やってんだ…)

    木之本桜の魔力が、モモや秋穂母の想定外に強くなったのは、これが原因だと思われるのですが、これはユナ.D.海渡が仕組んだことなのか?それとも別の第三者なのか?

    #2477

    こんにちは。
    お久しぶりです!ぴよこです!

    珈琲さんの推測。確かに的を射ているなあと読みながら思ってました。実際そうだと面白いなあと思いますし。

    ただアニメのところだけ一点……。
    CLAMPさんのアニメは脚本もCLAMPさん(大川さん)が手掛けてますし、多分このアニメはレイアースと同じような路線になるのでは?と思います。
    レイアースも原作とアニメが全然違うので……。
    だからアニメはアニメ、漫画は漫画という形で結末が同じハッピーエンドだったとしても変わるのでは?と私は思います。
    だから考察する際にアニメの方を踏まえてしまうとややこしいと思います。

    後余談でさくらのアニメがリメイクされてしまうと、リカちゃんの声が変わってしまうので、できればリメイクはやめて欲しい派の私です。

    そんな中、クリアカード編のアニメ化は早すぎたのでは?と思うのは事実。
    原作がここまで進んでからのアニメ化だったのなら納得ですけどね。

    すみません。殆ど考察ではない意見になってしまいました。

    #2476

    (続き)
    うーん、やはりユナ.D.海渡が秋穂ちゃんに触れなくなった描写が気になります。
    もしも詩之本秋穂にも「火花」の術式が仕込まれていると仮定すれば、「火花」の術式は木之本桜を狙った訳ではなく、詩之本秋穂を狙ったもので、その結果、共鳴により木之本桜にも「火花」の術式が発動した。とも考察できるんですよね。
    正直、木之本桜に「火花」の術式をやる理由は分かりませんけど、魔法具である詩之本秋穂に「火花」の術式をやる理由とその犯人(魔術師)には、心当たりがあるんですよねー。

    まあ詩之本秋穂に「火花」の術式が仕込まれているのかまだ不明の段階でこうゆう考察をするのはどうかと思いますけど、協会と一族の魔術師がこの一件にどこまで深く関わっているのか知りたい身としては、この件はかなり気になります。

    #2475

    最新話感想.考察

    虚実… 実質・実体のあることとないこと。うそとまこと。虚構と事実(wiki参照)
    さくらちゃんは「詩之本秋穂」の何が「真実」で何が「虚構」だと思っているんでしょうかねー

    しかし、前回に続いて今回も、ユナ.D.海渡が秋穂ちゃんに触るのを避けている描写があるのが気になります。
    「触れるのを避ける」となると「火花」の術式を連想するんですがね。詩之本秋穂が木之本桜になりつつあるなら、彼女にも「火花」の術式が組み込まれた為、ユナ.D.海渡は秋穂ちゃんに触れるのを避けるようになった。というのは深読みし過ぎだろうか?

    「小狼君は少し背が高くなっていた」という旨のくだり、これは「封印されたカード」のオマージュかな?こうゆうの俺は好きです。

    #2474

    令和になってから、色んな作品がリメイクしている印象なんですが、なんというか、アニメの「カードキャプターさくら」は、続編ではなく、リメイクをした方が無難だったんじゃないのか?と、原作の展開と、こうも2期に関して音沙汰が無いと、正直思っちゃいます。
    アニメと原作のクロウカード編さくらカード編は、「封印されたカード」のあるなし含めて内容が異なったので、まずは原作準拠の展開でリメイクをし、ちゃんとキレイに完結させてから、続編のクリアカード編をやるかやらないか判断するべきだったのでは?と素人ながら考えちゃいます。

    個人的にアニメクリアカード編は、最終的に不満やら疑問が多い形で終わったのですが、とりあえず、アニメ関係者は、詩之本秋穂の正体をアニメ化する前からちゃんと知っていたんですかね?
    どうもアニメやその後のソシャゲは、さくらちゃんと秋穂ちゃんの友情をかなり推していたように感じたんですが、原作の展開を考慮して2期をやる予定なら、二人の友情を強調するのはおかしいと思うんですよね。(流石に今の展開で、あの二人の関係を尊いだの微笑ましいだの考えている読者は少ないでしょう)

    アニメの後で毎週更新されていた公式HPのタイトル表示が、終盤の2〜3週間くらい更新されなかった時期があり、それからああゆう形でアニメは終わった訳なんですが、その間、一体何があったんだろうか?

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全181件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
タイトルとURLをコピーしました