返信先: クリアカード編アニメ感想 Part01

#801

前作どこまで原作が進んだ上でのアニメ化か既に忘れているのですけど…かなり話が進んだところでのアニメ化だったと思います。それに魔法少女もののフォーマットにきっちり乗っかることもはっきりしていたので遊べる余裕があったのでしょう。それと監督はかなり先まで話を聞いていたのかもしれない。そう思うのは苺鈴の挿入歌です。…いや、第40話「さくらと夢の中のさくら」放映時にはすでに原作は第7巻27話以降に突入していたっけ??そうでないとあの時に「ひとりじめ」が流れるのは相当早漏だとおもう。

物語的には小狼がさくらを意識し始めるのはさくらカード編に入って以降のはずだけど、アニメだと最後の審判前の第40話、41話、42話では完璧に恋する男の子視線になっている。視聴者目線でも小狼からみたさくらとして描かれている。今作では絵はきれいだけど誰の目線からみたさくらなのかが分かりにくい。強いていうなら昔を懐かしむおじさんおばさんから見たさくらになっている。だからさくらの行動もさくららしいけどはちゃけてない、(中学生だしというが逆にいえばまだ中学生ー子供なのに)前作だとさくら、小狼、苺鈴は子供らしい乱暴さ、馬鹿さ、ダメさがあったけど今作では影を潜めている。

+3
タイトルとURLをコピーしました