返信先: クリアカード編の考察 Part01

#521

にも様、ご返信ありがとうございます

1話巻き戻しは飛躍しすぎかなとも思いましたが
仮にそうなったとして
今までの記憶を持っているのが
さくらちゃんだけだった場合、
改変せずに現在までに戻って来られるかが試されたりするかなとか
今さくらちゃんが『違う』と言っている事を解明しながら現在に戻ったりとかないかなあと思いまして…

また、記録のカードの撫子さんですが
珈琲様のコメントも踏まえてですと

なぜ藤隆さんと桃矢お兄ちゃんはOKで
さくらちゃんがだめなのかは

現時点で生前の撫子さんと相互に直接関わった事を覚えているかどうか

が基準だと思います

さくらちゃん自身、あまり覚えてないと言ってますが
さくらちゃんから撫子さんとこんな事があったという話をした事がないのと
さくらちゃんの知ってる事の大半は
周りの人から聞いた撫子さんであって
さくらちゃんそのものが持っている記憶ではないので…

これがない人が亡くなった方と
意思疎通をしてしまうのは
あってはならない事…、
にも様の考察にあるような
さくらちゃんの記憶の改変になって未来に影響する訳で…

と思うので、
禁忌があるとするなら、
さくらちゃんと撫子さんが意思疎通をしてしまうことなのかなと…
なので、今回のダメ出しってかなり諸刃の剣だったと思うんです
それでも、そうしなければより最悪の状況に転んだんだろうという…

似たような状況だなあと思い出したのが
ハリーポッターのみぞの鏡のエピソード。
みぞの鏡に囚われそうになったハリーに
ダンブルドアが諭す、
『夢にふけって生きる事を忘れてはならない』
あれ、これも鏡と夢がキーワード…

+12
タイトルとURLをコピーしました