返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1612

珈琲さん

なるほど、確かにそうかも…。

魔力暴走の件を中学生からにしたのは、多分アニメとの時系列の調整もあったかなと。

アニメだと、
魔力暴走の兆候(❤️のカード、さくらカード編アニメ最終話)→無と❤️のカードが融合して希望のカードに(劇場版2)→希望のカードの件で、エリオルくん達と小狼くんがさくらちゃんに魔力暴走の兆候が出ていたのに気付く→小狼くん、さくらカード管理の修行→クリアカード編
と、長期にわたる不自然な空白期間が見様によってはあまりないですが、
原作は時系列が曖昧なのと、エリオルくんが「強く願わなければ、大丈夫」って、一種のお墨付きを一旦出して、それから中学生になるまで、特にさくらちゃん何もなかったし、エリオルくんも何もしなかったのに、
クリアカード編になった途端に魔力が制御出来てないって、急に事態が進んでいるので、余計エリオルくんに対する批判が出る結果になっているのかと。

同じ放ったらかしにしたでも、アニメは❤️のカードと希望のカードの件を合わせたら、一応さくらちゃんの魔力暴走の兆候は出ていたと、クリアカード編への伏線として、考えることは出来ますから。

+5
タイトルとURLをコピーしました