返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1311

まぁ、小狼くんとユエさんの話が完全に無に帰されなかったのは、少し安心しました。木之本家の話については、撫子さんが守っているのかなと思いましたが、海渡さんとモモが話していた「器」が開きかけたのは、じゅりさんも言ってましたが、書庫のせいというのはちょっと違う気は私もしました。残酷かもしれないですが、あの大切な友達の会話で、秋穂ちゃんの心が解放されたのもあるかな、と。

あと、海渡さんは、カードだけじゃなくて、さくらちゃんに自分の魔法を打ち破れるくらいの魔力も求めているのかなとも思いました。
ともりんさんは、海渡さんがさくらちゃんの大切なものを犠牲にして、禁忌の魔法を発動させるのではと言ってましたが、
海渡さん自身が禁忌の魔法を発動させるのなら、それは違うんじゃないかとは思いますが、
代わりにさくらちゃんが禁忌の魔法を発動させるように、仕向けるのであれば、その可能性はあるかなと思いました。今のところ、海渡さんの魔法を打ち破れそうなのは、残念ながらさくらちゃんのみなので。

あと、私は、今回のクリアカードにしろ、さくらちゃんが強すぎる魔力になって、小狼くんがカードを引き離すように結果的に仕向けたのは、全部海渡さんの仕業じゃないかなと思ってます。
さくらちゃんは、確かに魔力の制御は出来てないのかもしれませんし、海渡さんの登場で、これまで言われていた最強の魔術師でもなくなってしまいましたが、
さくらちゃんの魔力の暴走は、自然発生的なものではなくて、海渡さんや一族の策によって、暴走させられたと言った方が良いのかもしれません。
自然発生的な暴走であれば、奈久瑠が「さくらちゃん達が怖い思いをしているかもしれない」ってスッピーに対して、言ったりしないと思います。

+4
タイトルとURLをコピーしました