返信先: クリアカード編の考察 Part01

#810

実はいちばんややこしいのは物語と物語の間の時系列、季節です

例えばWIKIにこうあります「原作は連載開始当初から連載終了まで季節は掲載月とリンクしていたが、学年は連載開始時の小学4年生のままとなっていた(最終話のエピローグのみ中学生のさくらと小狼が登場)。一方、アニメ版では話の進行に伴って時間も同時進行で進級し、2期からは小学5年生となり、劇場版第2作では小学6年生として設定されている。兄の桃矢や雪兎も最初は高校2年生の設定だったが、劇場版第2作では大学1年生として設定されている。」ではさくらが中一になった今、桃矢は大学2年生でしょうか?

エリオルが22話で言っていた「魔法協会門外不出の術具を紛失し」「ユナ・D・海渡は1年前に破門になっている」はアニメ70話の「そのくまさん頂戴」から劇場版の「撫子祭、楽しみだよ」のちょうど中間ぐらいということになります。

+4
タイトルとURLをコピーしました