返信先: クリアカード編の考察 Part01

#685

最近考えていた考察を置いておきます。

●小狼とエリオルの行動理由

➡エリオルは最強であるゆえの悩み苦しみ孤独を、クロウからの記憶で知っているはず。過去を尋ねた時にクロウはケロユエと三人で暮らしていました。性格もあるとは思いますが、その力の故に人とは距離を置いた暮らしが垣間見えました。そして何より、クロウは「大きすぎる力は己自身を不幸に…」を地でいった人です。(己自身だけでなく沢山の人を、ですね)。もしかしたら、クロウ本人はそんなに不幸とは、考えてなかったかもですが。

小狼も次期当主となるべく色々叩き込まれてきたので強大な魔力を持つこと(魔術師であること)の重みも危険も理解している。それ故の心配と行動であると思われる。
ひいおじいさんにあったとき、小狼は「いつも楽しそう 見ているだけでこちらも幸せになるような」とさくらについて言っていました。人が大好きで天真爛漫なさくらの気質を知っているので、世界最高の魔術師だったクロウのような生活は、さくらにとってはそれだけでも不幸になるのではと危惧していそう。

事が事だけに二人の心配も、伝えるのが簡単でないことも分かりますが、いつさくらに伝えるんだろう?

●エリオルと小狼の二人が言う「時」は、「さくらに真実を伝える時」だと思われますが、海渡さん(または秋穂?)と対峙する時より前でないと、遅すぎる気もします。

(ちなみに、海渡の待っている「時」とは別物なのではないかと考え中)

+2
タイトルとURLをコピーしました