返信先: クリアカード編の考察 Part01

#435

今から書くのは愚痴なので、本当に申し訳ないです

「クロウの血縁」については、アニメの藤隆さんもクロウの生まれ変わりだったで一応説明できますが、そのことをユエやケルベロスはいつ知ったのかと。
原作未読のアニメ視聴者もいるはずなのに、唐突に原作設定を出したので、クリアカードの正体含め、アニメ製作陣は、原作者と、原作とアニメの設定の違いによって生じる弊害をどうするのか、きちんと打合せしたのかと思ってしまいます。

原作のストックも不十分で放送し、22話という中途半端な話数、設定にいくつか矛盾もあり、結局未完で終わりそうで、続編があるのかも分からないのも、アニメ製作陣の大人の事情が見え隠れしてます。
(ぶっちゃけ、アニオリ回の中には、未完で終わるなら、そこまで必要だったのか?って内容の話もありますし…)

もちろんアニメというのがそうゆうものだとは、他作品で散々苦い経験をしてますし、理解してます。一方で、約20年前の作品の続編を同じ人達でアニメ化したのは、アニメ製作陣のこの作品への想いが本物だから出来たことでしょうし、アニメ化自体感謝してます。
…が、『アニメ「カードキャプターさくら」』の続編としては、個人的にモヤモヤしてしまいました。

+16
タイトルとURLをコピーしました