返信先: クリアカード編の考察 Part01

#2204

ぴよこさん

お久しぶりです。考察サイトというのは意見してなんぼだと思うので、返信しますね。この返信に対してもさらに意見があれば是非。

>海渡さんは自分では戻せないようなくらい遠い時間に戻る様なカードを求めているのでは?と思うんです。
その時間とは?と考えると、秋穂ちゃんのお母さんが生きてた時なのかな?
→これが魔法によって可能なら、秋穂ちゃんにとってはベストなんでしょうけど、いかんせん、海渡さんがそれを望んでいるような描写が不足しているんですよね。「入れ替え」が目的では?というのは、さくらちゃんが以前、小狼との場所をカードによって入れ替えた時に、ユナ.D.海渡が「惜しい」と呟いたことから考察しましたし、その描写と、時間を遡ることは結びつかないかなーと。

>私はローブの人はさくらちゃんなのではないかと思うんです。
→割とそういう意見は多いみたいですね。かくゆう俺も、「木之本桜は魔術の世界に関わるべきではなかった」派なので、ローブの人物がさくらちゃんなら、俺の考えの正しさも証明されるので、割と望んではいますが、願望は別にして考察すると、今のところその線は薄いと思います。
まあ、これはともりんさんにも投稿し、にもさんとも意見が一致しているんですが、もしローブの人物がさくらちゃんなら、なぜこうゆう結末を止めて欲しいと、今のさくらちゃんに伝えようとしないのか疑問なんですよね。
ローブの人物はさくらちゃんから夢の鍵を無理矢理奪おうとしたり、謎のドラゴンは攻撃的だったりと、さくらちゃんに対して、明らかに敵意があります。
最新話で、ローブの人物には「寂しい」という感情があることがハッキリしたので、ローブの人物は自分の意思でさくらちゃんを拒絶していると推察されるのですが、そうなると、仮にさくらちゃんなら彼女が自分を拒絶する理由が分からないんですよね。
(ちなみに、俺がローブの人物を欧州最古の魔術一族の少女だと予想しているのは、それも含まれます。彼女だった場合、さくらちゃんは嫌いでしょうから、拒絶する理由があるので。秋穂ちゃんは、心の奥底では孤独を感じているのかも知れないですけど、それでさくらちゃんを拒絶するか?となると疑問なので)
長文失礼しました

+1
タイトルとURLをコピーしました