返信先: クリアカード編の考察 Part01

#2200

↑誌之本秋穂は、間違いなく事件の中心人物のはずなんですが、歳相応では?と言われればそれまでですが、とくに何もしていない印象なんですよね。

本を探す目的で日本に来た。その本とやらは、第一候補にさくらちゃんの持つ封印の書が思い浮かぶように、魔術絡みの本でしょうから、その本を探す過程で、図らずも事件の核心に触れてしまうとか、ユナ.D.海渡やさくらちゃんの様子に心配し、彼らの為に何か出来ないか模索して(以下略)みたいに、どうとでも彼女の掘り下げることが出来ると思うんですけど、かわいそうな過去があって、内心それを引きずっていることは分かりますが、じゃあそれを打破する努力をしているのか?となると、Noと言わざるをえないから、あまり好感が持てないんですよね。(かといって、間違いなく魔術の被害者ですから、嫌悪も出来ない。)

まあ俺からすれば、作中のキャラのほとんどが訳分からんのですが、さくらちゃんが「自分の出来ることをやる」、小狼が「さくらを不幸にさせない」。ユナ.D.海渡が「初めて自分で決めたことをやる」と、芯のあるキャラは、その行動も自分なりの解釈が可能ですが、秋穂ちゃんの芯は47話も連載していて分からないですね。

+2
タイトルとURLをコピーしました