返信先: クリアカード編の考察 Part01

#2194

珈琲さん

秋穂ちゃんが今現在も「寂しい」と思っているかについてですが、私は完全には消えてないだろうなと思います。

私自身、家庭環境が複雑なので、実体験も含めて余計に思うんですが、
家族から本来なら与えられるだろう愛情が何らかの要因で欠けるもしくは歪んでいた場合、
子供はそれでも家族から「愛されたい」と我慢するか、その感情を外に向けるかのどちらかになります。
ただ、我慢したってその機能を果たしていない家族が果たしてくれる訳ではないですし、
外に向けた場合も友達や恋人は家族並の愛情を与えて満たしてやれる訳ではないです。友達や恋人は、お互いを大切に思いやったりすることで成り立つものだし、その寂しい思いをした子の人生を全部背負える訳じゃないですから。

秋穂ちゃんの「寂しい」という気持ちを本当の意味で、何とかしてくれる可能性のある人は、海渡さん以外いないと思います。血は繋がってないかもしれませんが、
両親はおらず、一族から愛情をもらえなかった秋穂ちゃんにとって、恋愛感情があったとしても、海渡さんは家族同然の存在だろうし、おそらく友達や恋人とも違う存在でしょうから。(「好き」にも色々ありますし、秋穂ちゃんが海渡さんに向ける「好き」という気持ちは、さくらちゃんが雪兎さんや小狼くんに向けたものとは、また違うと思います)
でも、その海渡さんが秋穂ちゃんのためと思って、やろうとしているのは、自分を犠牲にし、尚且つさくらちゃんに秋穂ちゃんの人生を無理矢理背負わせようとしているという、逆に秋穂ちゃんを苦しめることをしているので、
秋穂ちゃんは、海渡さんが傍にいるけど、遠い存在のように感じているんじゃないかなと思います。

+3
タイトルとURLをコピーしました