返信先: クリアカード編の考察 Part01

#2136

珈琲さん

ん〜、そもそも今回の「幻影」のシーン、アニメでは不用かと。ローブの人物は、秋穂ちゃんで尚且つ夢ではなかったですし(次いでに、海渡さんが時間戻しちゃって、なかったことにしているし)。
ある意味、これまで原作の謎の1つだったローブ姿の小狼の答え合わせ?の面があるかと。

第一、私が疑問に思ったのは、今回さくらちゃん、小狼くんの反応を見て初めてカードの可能性に気付いてますし、「幻影」「夢見」がいつからカードとして顕現して、さくらちゃんを不安にさせていたが分からないのが嫌らしいなと思います。「夢見」も「記録」のカードで映さなかったら、分からなかったし、どこまでが「幻影」「夢見」で見せられた夢なのか分からないですし(最初から夢がカードの仕業だった訳がないし)。さくらちゃんが「記録」のカードで小狼くんに見せたのは、さくらちゃんが本当に実際に見た夢ではなく、「さくらちゃんが夢だと思って見たもの」なので、その辺は気をつけないといけないかも…。
アニメでも「幻影」に対して、さくらちゃん、カードなのは分かっても、小狼くんの「時」のおかげで、何とかなった感じですし。(しかも、固着時、さくらちゃん以外でカードの仕業だと気付いていたケロちゃんや小狼くんは、気を失っていた)

個人的には、ローブ姿の小狼は、「幻影」が見せたものでさくらちゃんはそれを「夢」だと思っているのかなと。そう考えると、「破壊」固着時の夢か何かよく分からないものも「幻影」の可能性があるかなと思います。
(違うというさくらちゃんの意思によって、「破壊」の方の力が強かった影響で、「幻影」までたどり着けなかった)

それにしても、夢まで映せる「記録」のカード、何だか出来過ぎて逆に怖いカードですね。

+3
タイトルとURLをコピーしました