返信先: クリアカード編の考察 Part01

#2108

最新話、読みました。

何だかアニメの劇場版2と微妙にリンクしていきそうな感じの状況だなぁと思いながら、読みました。

内容を見て思ったのは、あくまでも予想ですが、
海渡さんが禁忌の魔法をやろうとしていることは、
魔法具「詩之本秋穂」を消すために、
理由はよく分からないものの、母親の代からお互い似ているさくらちゃんと融合させて、
秋穂ちゃんともさくらちゃんとも言える1人の人間にしてしまうことかな…って。
だけど、禁忌の魔法だけでは魔法具の術を消せないどころか、一族・協会が望む魔法具を完成する手助けをしてしまうから、それを防ぐためにさくらちゃんのクリアカードが必要かなと。

ただ、モモの守護する時の本の魔法がそれだった場合、それまでの秋穂ちゃんとさくらちゃんを否定するどころか、その禁忌の魔法が使われた対象の1人の人間は、今現在周囲が大切にするさくらちゃんでも秋穂ちゃんでもなくなってしまうから、
これまでのようにさくらちゃんの周囲の人が接することが出来なくなってしまい、
結果的に不幸になってしまうのかなと。

海渡さんは、秋穂ちゃんをも大切にするさくらちゃんの周囲の人なら、秋穂ちゃんがさくらちゃんと融合してしまっても、変わらず大切にすると思っているのかも。
(自分自身は、禁忌の魔法の後は、時の魔法の使い過ぎで死んでしまうだろうと思っているから)

+1
タイトルとURLをコピーしました