返信先: クリアカード編の考察 Part01

#2029

いつもの長文失礼

過去回想に、欧州最古の一族の後継者の女の子は何度も登場したので、後継者の女の子自体は存在する(した?)のでしょう。

ただ、前日のともりんさんの質問に返答した後も色々考えた結果、少なくとも撫子さんと後継者の女の子の母親は、従姉妹に近い関係なのではないのか?と思いました。

まず、撫子さんは友達だと言ってましたが、これについては、女の子の母親は、魔術に関わらせまいとして極力会わないようにしていた節があるので、曽祖母と女の子の母親は、あえて撫子さんに従姉妹だと伝えなかったのではと

そして撫子さんと女の子の母親には、娘を産んで数年後に亡くなっているという共通点があります。これは明らかに偶然で片付けていい案件ではないです。
俺は以前、撫子さんの死因は
自分の「力」に「器」が耐え切れなくなったから
と考察しましたが、二人が従姉妹なら、女の子の母親の死因も同じではなかったのかと思いました。
もしそうなら、欧州最古の魔術師の一族であるはずの女の子が、何も力を持たずに生まれてきた理由も、
娘が自分同様に「力」に「器」が耐え切れずに亡くなることを防ぐため、あえて「力」を継承させなかった
と説明出来るんですよね。
撫子さんが、子供達が自分と同じ結末を迎えないように、「力」を保管する「器」の容量が大きい藤隆さんと結婚したように(あくまで予想です)
女の子の母親も、別のアプローチで子供を守ろうとした
とかなら筋は通ります。
あくまで想像ですが、これなら従姉妹でもおかしくないかなあと考えてます。

(まさかとは思うが、さくらちゃんの曽祖母の旧姓って「誌之本」だったりするのか?)

+3
タイトルとURLをコピーしました