返信先: クリアカード編の考察 Part01

#2011

ともりんさん

小狼がどんな未来を止めようとしているのか?どうすればこれまでや、そして今の状況に当てはまるのか、昨日から考え続けて、ある可能性には思い至ってます。

もしも小狼母が占った未来の木之本桜が、白いローブを身につけて、虚な表情で佇んでいたなら、何故そうなっているのか分からないけど、ヤバい状況であるのは間違いないと危機感を持つのではないかと…
要するに、夢の中のローブの人物「アリス」は、
禁忌の魔法によって、「詩之本秋穂」と入れ替わり、欧州最古の一族になってしまった、未来の「木之本桜」なのでは?
という、可能性です。

伏線まみれの一巻で、初めてさくらちゃんがローブの人物と出会った翌日、学校でさくらちゃんは、小狼にローブの人物の報告した際、小狼は「無関係とは思えない」と言った後、辛そうな表情をして、それから一切、夢の中で出会ったローブの人物のことについて言及していないんですよね。
今回の事件の手がかりになる重要な人物のはずなのに、一切ローブの人物について言及しないし、調べようとしないのは不自然です。となると、小狼は夢の中のローブの人物の正体に、すでに心当たりがあり、調べる必要が無かったのではないのかと考察してます。

じゃあ、さくらちゃんが視るローブ小狼は何なのか?となると、シンプルに、さくらちゃんの身代わりになった未来の小狼なのではと
ローブ小狼が登場して以降、さくらちゃんの前にローブの人物が姿をみせなくなったのは、さくらちゃんが欧州最古の魔術師になる未来が消滅し、変わりに、小狼が犠牲になった未来に変わったからではないかと考察しました。

夢の中のローブの人物、お前は一体誰なんだ?状態ですね。

+6
タイトルとURLをコピーしました