返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1957

ともりんさん

うーん…まず俺はこの世界はパラレルとかでは無いという前提から、かつてのエリオルの説明と海渡さんの考察の辻褄が合わない件を色々考えてますが、

世界最高の魔術師であったクロウ.リードを超える魔力を、木之本桜が持っている

という、原作さくらカード編終了時点で確定していた設定を、原作者が無かったことにしている。あるいは、忘れているのでは?と感じています。
かつての説明と考察の辻褄が合わないのはもちろんですが、あの時のエリオルが嘘を付いているようには見えないですし、何度もしつこいですが、世界最高クラスの魔力を与えた本人が「強過ぎる力を持つ者は不幸になる」なんて訳分からんこと言ってますからね。
さくらちゃんは世界最高クラスの魔力を持っていないという設定に改変されているなら、エリオル達が、「さくらちゃんの魔力が暴走して強くなり過ぎた。どうしよう…」という今の状況も、海渡さんの考察も、原作者がかつてのエリオルの説明の一部を改変して、新たな設定を海渡さんに考察させた、となるんですよね。

もし物語の都合の為に、原作者が設定を改変したなら、ハッキリいってその作品は駄作だと俺は思うのですが、よりにもよって自分の一番好きな作品を「駄作なのでは?」と思うのは辛過ぎるので、あの時エリオルは嘘を伝えたのでは?と、何とか自分なりに納得出来る考察をしてます。

とりあえず、クリアカード編が完結し、全ての謎が明らかになれば、この世界が別の世界なのか、エリオルが嘘を付いていたのか、原作者が設定を改変したのか、その答えは出るので、それまでは人それぞれ、アニメ続編製作がない理由同様、納得出来る考察をしておくのが無難だと思います。

0
タイトルとURLをコピーしました