返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1935

にもさん

でもホント不思議です。
一年前に海渡さんが協会を抜けたということは、この時点で、海渡さんには、秋穂ちゃんを元に戻す方法が分かっていたということになります。
だから、さくらちゃんの魔力の暴走が外的要因である可能性は高いんですよね。(エリオル達が何故そのような考えをしなかったのかは置いときます)

だから、海渡さんも魔力を暴走させた容疑者の一人なんですが、少なくとも「自分の考えをカード化させる」という能力は、さくらちゃんの力なんでしょう。(何らかの方法でクリアカードを創る能力を得るなら、海渡さん自身がその能力を得た方が良いので)

不思議なのは、海渡さんとエリオルは、どうやって「さくらちゃんの魔力が強くなり過ぎたら、自分の考えをカード化してしまう」ということを知ったのか?ということです。
エリオルと海渡さんが協力関係なら、情報源が同じでも理解出来るんですが、二人は明らかに敵対関係なんですよね。なのに、二人とも同じ情報を手に入れている。ここがよく分からないです。(まあ、二人がどうやってその情報を入手したのか?というのは、謎の確信に迫るものなので、作者が終盤まで隠し通すでしょうが…)

うーん、さくらちゃんと同じ能力を持っていた魔術師が、過去に存在していたとか?その魔術師が、その能力で不幸になったことが知れ渡っていたなら、海渡さんとエリオルが知っていてもおかしくないのですが…

+2
タイトルとURLをコピーしました