返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1927

形見の時計が、アニメでは鍵に変わっていた件についての考察

形見の時計の改変については、以前、にもさんと意見交換して、
あの時計の役割は、海渡さんの削った寿命をなんとかする為であり、アニメが鍵に変更していたのは、アニメの方だと、さくらちゃんも時を戻す魔術を使用しているので、その辻褄を合わせる為
となり、筋は通っているので納得してましたが、今回、秋穂母とモモが知り合いだった事で、またこの件に疑問かを出てきました。

海渡さんが時を戻す魔術を行使しようとした際、モモはかなり焦り、力ずくで止めようとしていました。
仮にあの時計が海渡さんの寿命をなんとかする為のもので、秋穂母から、その時計のことを伝えられていたら、あそこまでモモは焦ったりしないはずなんですよね。
モモが秋穂母から何を託されたのか謎ですが、親友の時計に力を与えたことを、モモに伝えない理由がないので、あの時計の役割は寿命をなんとかする為のものではないのでは?となってます。

そもそも、秋穂母→モモ→海渡さん、この繋がりが謎です。
秋穂母からモモはなにか聞いたと思うんですが、じゃあその内容を海渡さんに伝えていないのか?海渡さんは秋穂母の思想を把握しているのか?これらも疑問です。

「二人のアリス」の為、秋穂母が過去に色々画策しており、さくらちゃんと秋穂ちゃんが最終的に助かるように導いていることをモモ経由で海渡さんも把握しているなら、海渡さんがこうも寿命削ったりしてまで暗躍することはないと思うんですよね。というか、秋穂母の導きがあるのに、海渡さんがさくらちゃんに協力を求めないのがおかしいです。

立場上、モモが秋穂母に聞いたことを海渡さんに伝えられないってことはあるんでしょうが、どっちみち、時を戻そうとした海渡さんへのモモの焦りようから、時計の改変の考察は違うかなとなってます。

何でアニメは鍵に変更になったんだろう?

+3
タイトルとURLをコピーしました