返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1887

クリアカードについては散々考察してきましたが、最新話でちょっとよく分からなくなってます。

アニメは参考にしてない俺が言うのもなんですが、アニオリの「さくらと神社と動物園」(でしたっけ?)回で、秋穂ちゃんが読めるようになった「時計の国のアリス」の内容が、そのままクリアカードの現象として現れたので、少なくともクリアカードが創られる原因には、
さくらちゃんの考えたこと+
・秋穂ちゃんと「アリス」の考えたこと
・「時計の国のアリス」の内容
どちらかが当てはまると考察してました。
しかし、最新話であの影も自分が創ったモノなのか?と、さくらちゃん本人が疑問に思っているのに、海渡さんがそうだと肯定しています。

クリアカードが創られる原因を、海渡さんが全て把握しているなら、あんな風にさくらちゃんが創ったカードだと肯定するか?むしろ有名な童話に登場する「ジャバウォック」なら、本好きの秋穂ちゃんが創ったものだと海渡さんなら考える方が自然な気がしてます。俺は今回の「影像」は秋穂ちゃんか「アリス」が創ったものだと思うんですけどね。

うーん、海渡さんもさくらちゃんが考えたこと以外の要因でクリアカードが創られていることを把握していないのか?それとも根本的にアニメと原作のクリアカードの設定は違っているのか?
これもアニオリですが、ペースが早いことをモモが指摘した時、「早いに越した事は無い」と海渡さんはスルーしていたので、確かに把握していない感はあるんですけどね。(アニメをどこまで参考にすればいいのか分からないですが)

それとも今回の海渡さんの謎解釈のように、ホントに今までのクリアカードは、さくらちゃんの考えだけで創られているのか?(流石に状況的におかしいカードが多過ぎるだろ!とツッコミますが、作中の人物達がおかしいとは思っていないから、結局どうしようもないんだよなー…)

+2
タイトルとURLをコピーしました