返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1836

にもさんの考察から自分なりに整理

「詩之本秋穂」という名前については、娘に魔術の世界から完全に縁を切って欲しいと願い、自分達魔術一族の姓とは全く関係ない姓を付けたと考えれば、一応納得出来るかなと。それだと秋穂ちゃんの国籍とかは関係無いですし…

秋穂ちゃんの母親が予知出来るのか考えたくないと思ってましたが、撫子さんと再会した時、撫子さんの姓は「天宮」だったのに、詩之本という姓を名付けたということは、撫子さんが「木之本」という姓の男性と結婚することも予知していたというなので、秋穂ちゃんの母親は予知能力持ってたんだろうなと…

(ただ個人的に、親友が将来結ばれる相手と似た姓と、親友の娘と似た名前を、自分の娘に付けるって…正直、重過ぎね?とは思います。ちょっと怖い…
これを美談と思えるくらい純粋だったあの頃に戻りたい…そんな頃があったのか疑問ですが…)

うーん、「木之本桜」と似た「詩之本秋穂」という名前を付けること自体に、魔術的な意味合いや力が働いたりするのか?

0
タイトルとURLをコピーしました