返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1787

そういえば、今まで海渡さんが止めようとしている「本」=「時計の国のアリス」と思ってましたけど、一族や協会は、秋穂ちゃんに書き込んだ術式が書いてあった本は、燃やして抹消していたようなので、現物がある「時計の国のアリス」の術式は、秋穂ちゃんに書き込まれているわけではない。
海渡さんが止めようとしている本は「時計の国のアリス」ではないということですかね?
最新話でしれっと一族の魔術師が例のドラゴンが描かれた本を持っていたので、海渡さんが止めたいのはその「本」なのかもしれないです。(まあ、書き込まれた全ての本である可能性も高いですが)
そして、「時計の国のアリス」の方は、例の1世紀前に一度発動した本なのかなと

(しかし、例のドラゴンはてっきり海渡さん由来の力かと思ってましたけど、海渡さんは一度も例のドラゴンについて言及してないですし、書き込まれた術式と考えてもいいんですよね。と、同時に、最初の予知夢で町にドラゴンが解き放たれてましたから、海渡さんは失敗するんだなと)

0
タイトルとURLをコピーしました