返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1738

最近新たな職場での仕事が始まって、なかなか考察する精神的な余裕がなかったですが…、やっと少し落ち着いて来ました。

珈琲さん

今回秋穂ちゃんの「中」が開いた理由ですが、
海渡さんとさくらちゃんという強い魔術師同士の魔法のぶつかり合いがあったからかと。
前回は、木之本家の書庫という場所や、秋穂ちゃん本人がさくらちゃんとの会話で大きく心が揺れ動いた(精神的な呪縛?から解放された)からと思われますが、今回は地理的なものは特にないですし。

あと前回は秋穂ちゃんの時を止められたのに、今回は違うのは、さくらちゃんと小狼くんといった魔力を持つ者を止めない程度の強さだったというのもあるかもしれないですが、魔法具モードになった(勝手に付けましたが)秋穂ちゃんの魔法具としての力の発動中は、海渡さんの魔法が効きにくいのではないかなと。
前回海渡さんが秋穂ちゃんの時間を止められたのは、夢の空間で、さくらちゃんが自力で綴じられるのを阻止し、その取り込み失敗の影響で魔法具としての機能が一時的に動かなくなった秋穂ちゃんを連れ出せたからと思いますし。
今回は、さくらちゃん、海渡さんからの攻撃に対処するために、明らかに隙が出来てましたし、秋穂ちゃんは魔法具としての力全開なので、海渡さんが時間を止めて、さくらちゃんを助けられるかは微妙なところかもしれません(次回を見ないと分からないですが)。
海渡さんでも、魔法具となった秋穂ちゃんの時間を止めることが難しいから、さくらちゃんを利用していると思うので。

+1
タイトルとURLをコピーしました