返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1692

珈琲さん

カード達と守護者は、確かにクロウさんの創作物ですが、完全に自然の摂理から外れた訳ではないですよ。作成者(所有者)が生きている間はともかく、その人に何かあって死んだ場合、カード達と守護者といった創られたもの達は、消えてしまいます。それは、桃矢くんがユエさんに力を渡す時言ってましたし、ツバサの写身小狼・サクラも、創作者である飛王を倒したら、消えました。

藤隆さんを生まれ変わりにしたのは、先程言ったように、ツバサの世界でサクラの父親になるために、木之本家との繋がりが必要になったという考えが出来ますが、エリオルくんの場合は、さくらちゃんに引き継げるまで、クロウの魔法を繋ぐ者が必要だったからだと思います(同じ生まれ変わりでも、担う役割が異なっていた)。
クロウさん本人は、サクラ姫の父親となった後、写身小狼のために魔力と命を遺さないといけないし(つまり対価のために死ぬということ)、サクラ姫の父親になると決めた時点で、カード達と守護者をさくらちゃんに引き継ぐと決めてたんだと思います。

あとエリオルくん自身、「自分はクロウ本人ではない」と言ってますから、一応記憶と魔力を引き継いだとはいえ、クロウさんとエリオルくんは別人です。(まぁ、前世の記憶を引き継いだせいで、生まれた時から頭脳や心が大人だったら、周りからは多少奇異に見られる可能性だってあるだろうし、エリオルくん本人の性格が歪んでも仕方ない気はします)
生まれ変わりネタ関係のキャラで言ったら、テイルズオブイノセンスのキャラだったり、犬夜叉のかごめと桔梗だったり、色々いますし。

+3
タイトルとURLをコピーしました