返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1677

ともりんさん

海渡さんの求めるカードの効果ですが、さくらちゃんの負のエネルギーが必要かと言われたら、必ずしもそうではないかも…。
というのも、アニメの「氷雹」や「振動」みたいに負のエネルギーの要素が特にないのに、自然災害のようなカードを作り出してしまいましたし。(「氷雹」はさくらちゃんの「秋穂ちゃんと小狼くんが引き分けで良い」という願いからですし、「振動」は「無」のカードの被害を「地震」が起こったから、と周囲が説明したから)

固着前のカードは言わば、強い魔力によって、現実に事象として現れてしまったさくらちゃんの夢(明晰夢)ですし、固着はその事象をカードとして現物化すると言った感じです。

なので、例えばですが、
さくらちゃんが何らかの話の流れで、
「私が、もしあの時カードキャプターにならなかったから、どんな風に今を過ごしていたかな?」
とか、考えたら、過去に干渉するカードを生み出してしまう可能性はあると思います。
「もしあれがあったらorなかったら〜」って、誰でもふとした時、考えますし。

夢のローブ姿の小狼くんについては、さくらちゃんが当時小狼くんに対して持っていた不安・不信感を、ローブの人物(魔法具の秋穂ちゃん?)が写し取って見せた、っていう可能性もあるかと。実際、さくらちゃん、気にしてましたし。まぁ、夢で会うローブの人物がカードを透明にしたと思っていたかもしれないさくらちゃんとしては、ある意味その勘は当たっていたと言えるかもしれないですが…。

むしろ、あの後さくらちゃんが夢のローブの人物と対峙する描写がないので(秋穂ちゃんと一緒に夢の世界に入ったのは、海渡さんが巻き戻してなかったことにしちゃったので、ノーカウント)、小狼くんがしたことを知った今のさくらちゃんが夢とどう対峙していくのか、個人的に興味があります。

+2
タイトルとURLをコピーしました