返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1672

とくもとさん
珈琲さん

2人の書いてあることを見て、私が解釈したものですが(間違えていたら、すみません)、
とくもとさんが言うように、
海渡さんがやっていることは、友枝町に住んでいる人達に影響を与えているし、さくらちゃんの力を狙って、目的のために利用しているのは事実だと思います。
ただ、秋穂ちゃんを取り戻そうとして攻撃して来る協会からの魔法を海渡さんが防衛出来ている間は、
珈琲さん(とクラフティさん)の言うように、

自分の目的のために秋穂ちゃんを守る
=自分の目的のために利用しているさくらちゃんを守る(結果的に)
=2人が住む友枝町を守っている(結果的に)

という図式が成り立ってしまうので、皮肉だと言っているんだと…、…私は思っているんですが、合ってますよね?

あと、今回のことがきっかけになるならないに関わらず、協会がさくらちゃんの力に無関心のままでいる保証はどこにもないですし(これまでの描写を見てたら、何かあれば狙う可能性は十分ある)、
今エリオルくんはその可能性については、能天気な感じなので、分からないですが、
海渡さんは、旧エリオル邸から禁忌の魔法の肝心要となる「時の本」を今のところ、一切外に出してませんし、魔法協会が海渡さんが秋穂ちゃんに何をする・させるか分からないうちは、それに関わっているさくらちゃんに手を伸ばしてくる可能性は低くなります。

なので、海渡さんが目的を明かさないでいるうちは、さくらちゃんへの脅威になり得る魔法協会(今回は)の干渉から間接的に守る形になっていると、私は思います。

+4
タイトルとURLをコピーしました