返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1381

あと、「強すぎる力は己自身を不幸にする」について、ですが、
もしかしたら、次のクリアカードが発現してしまう前に、小狼くん達がカード作成のからくり(「時計の国のアリス」)に気付いて、止めることが出来たら、小狼くん達が恐れている事態(終わりへの始まり)は回避出来るんだとは思います。
可能性が限りなく低い気がしますが…(苦笑)

というのも、今月号で、海渡さんは、
「禁忌の魔法を発動させる為には、それくらいは出来る魔力を持っていて下さらないと」
と言いました。
今月の始めの方、海渡さんがさくらちゃんに禁忌の魔法を発動させようとしているとも、私は書きましたが、よくよく考えてみると、

海渡さんの時間停止魔法が効く
=さくらちゃんは海渡さんより魔力が弱い
=クリアカードの作成者が止まるとカードも止まる
=カード使えないし、奪えない

となるので、海渡さんは、さくらちゃんに自分と拮抗する程の魔力をカードと共に、求めているんだと思います。なので、さくらちゃんが海渡さんの魔法を破ることが出来た時こそが、己自身を不幸にしてしまう危険水域なんだと思います。

それに、最初からさくらちゃんの魔力が心配な程、強すぎるのなら、さくらカード透明化の時、ユエさんはさくらちゃんに魔力の有無を確認したりしないので。

+3
タイトルとURLをコピーしました