返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1196

最新号読みましたー

で、小狼の翔の具現化のカッコ良さに酔いしれ中w
是非アニメ2期でくまいさんボイスで聞きたいですな
そして「翔」のカードはいつも何かを打開してくれるので
今月号のラストをなんとかいい形で打開して欲しいです(懇願

で。
今回気になったのは

●「この声」の正体
なんか敵方っぽいと思ってたんですけど
味方なんじゃないかなと…
そういえば、クリアカード に入ってから
さくら、まだこの人の名前言ってなかったなあ、と。
エリオルではない、過去の、クロウさん
…というと、現時点では「戻れない」の説明がつかなくなりますが
意味が鏡のように反転してそうな気が…
また、クリアカード で
さくらがクロウさんの事思い浮かべないのがそもそも不自然だなあと思って…

●秋穂ちゃんの器の話
前の考察でも述べましたが
秋穂の一族は代々必ず屈強な魔術師が輩出されないと困る、
さらにその魔術師は一族の血縁でなければだめ、
秋穂の両親は少なくとも一族から
かなり期待されていたので
秋穂も当然大きな期待があったが
全く魔力なしでそれは秋穂だけ

…と思ってたんですけど、
今回の器の話で
秋穂の一族の魔力って
各自の魔力を源にしてるのではなくて、
他の魔術師から魔力を奪って糧として
魔力を扱うという、
他人の魔力掠取が前提なんじゃないかなあと。

そして、秋穂ちゃんはその魔力掠取を無意識に拒否していたか、
両親から諭されたかでその能力を発動していないからかで、
魔力ゼロ、使えないだけ、という状態なのではないかなと

そしてその事に気付いた一族が
魔力掠取さえさせれば秋穂は
その代の屈指の魔術師になれると踏んで、
魔力掠取を
秋穂の身体、精神を押さえ込む操り人形状態にして無理矢理行使しているのではないかなと

そう考えると
秋穂ちゃんが言う
一族の探している本=魔力
になり、
一定の場所で魔力掠取が済めば
別の場所に移動しているということになるし
お友達が出来ないというのも、
そのお友達がなんらかの魔力持ちで魔力掠取した代償でお互いの関係性の記憶がなくなってるのかなと

そうなると魔力掠取された側がどーなったのかがすごく気になりますが
その記憶、今のところ秋穂ちゃんにはなさそうですからねー…

で、その器に魔力が満ちた時が
モモ達の言う「その時」で、
秋穂ちゃんにその魔力掠取の事実が突きつけられるんだと思うんですが
その時に秋穂ちゃんが秋穂ちゃんでいてくれたら、
何か活路というか打開策あるのかなあと。

●海斗さん
…多分アニメのさくらと秋穂の初対戦、
本来ならこのメンツ、このポジションだったんだろーなー…と…
思いっきり時間停止と空間囲い込みっぽい魔法使って来ましたが
さて、アニメに寄せるか、モモが何か解説してくれるか
どっちですかね…

+8
タイトルとURLをコピーしました