返信先: クリアカード編の考察 Part01

#1189

『器』というのは『その人個人の持っている何らかの容量』という使い方もありますよね
異能力バトルもの等では『他者の能力を吸収、増幅して自分の力として使える(ただし容量オーバーに注意)』というタイプの強キャラが一定数いるので、秋穂はそのタイプの可能性もあるのかな?と思いました。
それなら他者の能力を吸収してない段階だと魔力が感じられないでしょうし、アニメでさくらの魔法を返すような攻撃だったのも説明がつくので。

海渡は「お前はもう戻れない」の話を聞いた時に阻止したいような発言をしてたので、声達が秋穂の一族だとすると一族の味方ではないだろうとは思います。
逆に、秋穂の前で取り繕った姿しか見せないのは秋穂が一族に監視されていたから、という線もあるかなと。

一族が本格的に敵となっているならローブ小狼は予知夢だった可能性も増してきますが、月の言葉で前進したので敵に操られる展開は回避して欲しいところですね…
小狼がさくらカード達をカードの形で持っていった事が強調されていたので、今後何らかの動きがありそうですね

+4
タイトルとURLをコピーしました